技術・機器の記事

酵素法ヒスタミン検出キットでAOAC PTM認証

キッコーマンバイオケミファが販売するヒスタミン検出キット「チェックカラー ヒスタミン」が6月にAOACのPTM認証を得た。

ヒスタミンの検出には公定法的に使われるHPLC法や蛍光法があるが、いずれも測定手順が複雑で測定時間がかかる。それに対し、1時間以内と迅速測定が可能で特殊な装置を用いないキットとして開発されたのが同社の「チェックカラー ヒスタミン」だ。酵素(ヒスタミンデヒドロゲナーゼ)反応を利用したキットで、サンプルを加熱処理後、ろ過し、酵素液と反応試薬を混ぜ(約15分)、吸光度計で色の変化からヒスタミン濃度を求めるもの。検出下限は魚肉で10ppm、抽出液で0.4ppmと高感度検出が可能。測定手順がシンプルで、再現性が良く、定量判定も可能。

国内でも右肩上がりで伸びているが、ヒスタミンの基準値が設定されているEU、米国、カナダ、オーストラリアなどへの輸出の際は必須項目で、水産加工品のほか、味噌、醤油、納豆など発酵食品の検査が必要となる。AOAC PTM認証でグローバルに通用する検査法として輸出食品にも広げていきたいとする。

関連記事

  1. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  2. 飲食など様々なにおいに対応するポータブルオゾン脱臭器
  3. HACCPに沿った衛生管理を導入済み事業者は23%―HACCP導…
  4. 1秒でタンパク質汚れ確認「清浄度チェッカー」
  5. マイクロ波加熱装置で鮮度保持と省人化対策に貢献
  6. 無線通信最長2.5kmまでカバー 温湿度データロガー管理システム…
  7. 食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入
  8. ロングライフ食品包装をサポートする、MAPガス対応の最新型残存酸…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP