技術・機器の記事

酵素法ヒスタミン検出キットでAOAC PTM認証

キッコーマンバイオケミファが販売するヒスタミン検出キット「チェックカラー ヒスタミン」が6月にAOACのPTM認証を得た。

ヒスタミンの検出には公定法的に使われるHPLC法や蛍光法があるが、いずれも測定手順が複雑で測定時間がかかる。それに対し、1時間以内と迅速測定が可能で特殊な装置を用いないキットとして開発されたのが同社の「チェックカラー ヒスタミン」だ。酵素(ヒスタミンデヒドロゲナーゼ)反応を利用したキットで、サンプルを加熱処理後、ろ過し、酵素液と反応試薬を混ぜ(約15分)、吸光度計で色の変化からヒスタミン濃度を求めるもの。検出下限は魚肉で10ppm、抽出液で0.4ppmと高感度検出が可能。測定手順がシンプルで、再現性が良く、定量判定も可能。

国内でも右肩上がりで伸びているが、ヒスタミンの基準値が設定されているEU、米国、カナダ、オーストラリアなどへの輸出の際は必須項目で、水産加工品のほか、味噌、醤油、納豆など発酵食品の検査が必要となる。AOAC PTM認証でグローバルに通用する検査法として輸出食品にも広げていきたいとする。

関連記事

  1. 食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入
  2. 製品液同士での熱交換を可能にした熱再生型シェル&チューブ熱交換器…
  3. 「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
    吸湿機能で内容物…
  4. 温度センサ搭載で確度の高い除菌効果を提供
  5. 防虫用エアカーテンに省スペースタイプ「バグシャッター スリム」登…
  6. 高含油食品の連続粉砕を可能にした粉砕機を開発
  7. 非接触・非破壊で硬さ(柔らかさ)の見える化を実現
  8. GMP対応機能搭載の高機能水分計をお披露目

おすすめリンク先

PAGE TOP