食品素材の記事

ノコギリヤシのブレンド品を見分ける検証法を論文発表

前立腺など排尿機能改善で知られるノコギリヤシエキスは、世界市場で需要が伸びていることに加え、産地フロリダで近年ハリケーンの影響で収穫量が減少しており、原料価格が高騰する中で、それを模倣した脂肪酸のブレンド品の流通が懸念されていた。

実際、流通するノコギリヤシエキスの中に、キャノーラやココナッツ、オリーブなどの植物オイルが混じっているものもあり、ブレンド技術が巧みになっているため、日本でノコギリヤシエキスの規格となっている総脂肪酸量とβ-シトステロールだけでは判別はつかず、主な脂肪酸組成分析でも判別が難しくなっていた。

ノコギリヤシエキスの規格は、EP(欧州薬局方)やUSP(米国薬局方)にも収載されており、成分や性状、分析法の細かな規格が定められているが、健康食品ではこれまでEPやUSPにあるような規格は要求されてこなかったため、原料高騰の中、他オイルの混合品が出回ったと思われる。

イタリア・ミラノに本社を置くインデナ社では、このほど「ノコギリヤシを装うブレンドオイルの検証について」という論文を「Fitoterapia127」(2018)15-19に発表。

論文発表された検証法は、脂肪酸、微量成分を含めた多成分の組成を、NMRを用いた主成分分析(PCA)によって比較するもの。また、安定同位体比を用いて、炭素、酸素、水素の同位体組成を検証することで、その植物の生息地域、植物種、動物種を区別することができるという。GCやLCを組み合わせて微量成分(トリグリセリドや中性脂肪)を分析することによっても、他のオイルのブレンドを見分けることはできるが、主成分分析によりその組成の違いが明白になるとしている。

関連記事

  1. IHM、粉末タイプのプラズマローゲンを販売開始
  2. 不二製油、大豆たん白製品の価格改定を発表
  3. GEウェルネス、ユーグレナ新株の大量培養に成功、6月から原料供給…
  4. 加工食品の増粘用途にキサンタンガムの本格展開を開始
  5. 短鎖脂肪酸を多く生み出すビフィズス菌とイヌリンによる認知機能の改…
  6. 蝶理、高麗人参を美肌向け素材として提案
  7. DSM、ヒトミルクオリゴ糖メーカーのGlycom社を買収
  8. ケリー・ジャパン、各種由来の植物たん白・ペプチド製品、特に米ペプ…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP