食品素材の記事

新規フラボノイド-シクロデキストリン包接化合物のGRAS認証を取得-米国市場での本格的な販売を開始

太陽化学では、ヘスペレチン配糖体「ヘスペレチン-7グルコシド」の水溶性、吸収性を高めた「サンアクティブHCD」について、米国でGRASを取得したと発表した。これにより米国で一般食品向け用途として販売する事が可能となったことから、10月に米国で開催される展示会「SupplySide West 2023 in Las Vegas」で紹介し米国市場への展開を強化していく。

また同社は2021年にケルセチン配糖体「イソクエルシトリン」の水溶性、吸収性を高めた「サンアクティブQCD」で同認証を取得しており、安心・安全で健康維持に寄与する新規フラボノイド-シクロデキストリン包接化合物の国内外における展開をさらに加速していく。

■ヘスペリジンとは
ヘスペリジンは、柑橘類に多く含まれるフラボノイドでビタミンPとも呼ばれている。ヘスペリジンはヘスペレチンにルチノースが結合した配糖体。体内に摂取されたヘスペリジンは腸内酵素によって、ヘスペレチンになり血中に吸収される。
ヘスペリジンは強力な抗酸化能を有し、メタボリックシンドローム予防をはじめ多様な機能を発揮することが期待されるが、ヘスペリジンの水溶性は低く、体内への吸収効率も低いことが問題とされている。

■サンアクティブHCD
難溶性のフラボノイドを酵素反応によりシクロデキストリンに包接させる独自の特許製法で、水溶性ヘスペレチン-7グルコシド製剤を工業的に生産することに成功し、「サンアクティブHCD」として販売している。
健康な成人男性を被験者としてサンアクティブHCDとヘスペリジンの吸収性比較試験を実施したところ、摂取後8時間までの比較時間ではヘスペリジンの約250倍、摂取後24時間までの比較時間においても、ヘスペリジンに対して約100倍の吸収性が確認された。

関連記事

  1. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始
  2. 一丸ファルコス、食品原料のプラセンタパウダー規格に「エクソソーム…
  3. 稲畑香料、ルテインとゼアキサンチン含む高濃度タイプ原料を上市へ
  4. スポーツやフェムケア向け素材として有望な北海道産の赤ビーツパウダ…
  5. 池田糖化工業、水分散性良好な「大豆プロテインEZ」を上市
  6. クイーンガーネットプラム―テルヴィスが新たなフルーツ原料を紹介
  7. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  8. 森永乳業、ラクトフェリンが樹状細胞(pDC)を活性化することを確…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP