食品素材の記事

調理できる粉末魚油でDHAをもっと身近に、青葉化成「JENO-3®」を上市

青葉化成は東北大学未来科学技術共同研究センター(NICHe)、東北大学農学研究科と共同で、架橋ゼラチン中にDHA・EPA含有魚油を包摂して粉末化したフィッシュオイルパウダー「JENO-3®」の開発に成功し、バルク原料販売を開始した。

DHA含量を10%以上に規格した白色粉末で、特殊加工により酸化に非常に強く、魚臭くなりにくいのが特徴。また、油のまま摂取するよりも、体内に多く吸収されるという知見も得られている。

パンや焼き菓子、ソーセージ等の食品に練りこみ、官能評価試験において、そのまま魚油を練りこむよりも臭いがないことを確認しており、DHA・EPAを含む健康志向食品への商品提案を積極的に展開していく。

JENO-3®は、予め乳化した魚油を架橋ゼラチン(魚由来)で包摂した架橋ゲルを作成し、凍結乾燥、粉砕の工程を経て作られている。それぞれの配合成分や操作手順を最適化しており、最大50%の油分を包摂することが可能。油の酸化を防ぐバリア層は一般的なマイクロカプセルよりも重厚で、40℃での保存試験では60日以上過酸化物価が安定していることを確認している。

また、粉末魚油を摂取させたヒト試験では、魚油を摂取させた時よりも血中のDHA濃度が上昇していることが判明し、現在このメカニズムについても研究を進めている。荷姿は10kgで賞味期限は24カ月((未開封、10℃以下保存)。

架橋ゼラチンで包摂する技術を活かし、油溶性成分を高含有なまま粉末化するOEMも行っており、すでにサンプル評価を開始している。

関連記事

  1. 注目の4素材について講演―食品新素材研究会
  2. キミカ、CMCブランドを立ち上げ
  3. 植物エストロゲン成分を含んだ新素材「アグアヘエキス」
  4. ネイチャーライフ、じゃばらやシークワーサーからの機能性素材を研究…
  5. 温活素材「ジンジャーエキス」透明タイプ発売―池田糖化工業
  6. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  7. 東洋新薬、東京大学との連携 第二弾 ―『大麦若葉エキス末』が骨格…
  8. エクセルバイト社、EVNol SupraBio™がNGFに関与す…

おすすめリンク先

PAGE TOP