関連トピックス

食品開発展を振り返る―出展品・技術の紹介(その3)

10/12(水)~14日(金)に開催された食品開発展は無事に終了いたしました。多くの皆さまにご来場いただき、心より感謝申し上げます。その開発展で注目の素材・技術について、引き続き紹介いたします。

■脱炭素を実現するメタン発酵排水処理法「とくとく-ぶぶぶ」を紹介(エイブル)

■インライン・連続生産をテーマに「粉液連続混合ユニットPUCバイブロリアクタ」など新開発製品を展示(マウンテック)

■食品の美味しさや安全性を担保する水分活性測定装置各種をニーズに合わせて紹介(メータージャパン)

■扶桑化学工業のコート果実酸。りんごのイメージのブースが目立ちました。

■初出展のGalacticジャパンは、乳酸や乳酸塩類、粉末醸造酢などを取り扱っており、セミナーでクリーンラベルを訴求しました。

■森光商店は、遺伝子組み換えでない世界初の高オレイン酸大豆「佐大HO1」(佐賀・武雄産の新品種)を紹介。がんゆうする脂肪酸のうち80%がオレイン酸だそうです。

■ビーエイチエヌの完熟オクラシードには、肌の弾力維持や睡眠の質改善機能が調べられています。今まで廃棄されていた種子の有効活用という側面があります。

■グリコ栄養食品では、小麦由来の素材など、美味しいプラントベースフードを作るための各種提案をしていました。

■伊那食品工業は、プラントベースフードをはじめ、ロス削減や脱プラなど、現代社会のトレンドやニーズを意識したソリューションを提案しました。

 

なお、来年の「食品開発展2023」は、10月4日(水)~6日(金)に、東京ビッグサイト西1,2ホール&アトリウムで開催となります。皆様、ぜひご出展をご検討ください。
ご出展につきましては、食品開発展事務局 [email protected] までお問い合わせください。(新規出展の受付は11月上旬を予定)

 

 

関連記事

  1. ヒットする商品の開発、市場傾向や今後の食の変化などを探る講演会を…
  2. 世界初、クチナシ青色素の分子構造解明に成功
  3. 海洋プラスチックごみ問題解決に向け
    経産省が業種を横断す…
  4. 一丸ファルコス、化粧品・食品原料89製品でハラール認証取得
  5. ヒトはイチゴの食味を味と香りの双方で判断する
  6. テアニンの体内動態と脳への影響について日本食品科学工学会 第68…
  7. 食品開発展は18日に閉会―出展社の製品紹介を続けます
  8. 甘草のグリチルリチン生成メカニズムを解明

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP