技術・機器の記事

微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置

ホクエツは、青果・野菜類活性化装置「Apia Fresh」を開発。10月の 食品開発展にてお披露目した。

Apia Freshは、同社が開発・製造・ 販売を行ってきた微酸性次亜塩素酸水生成装置で培った電解技術や濃度管理ノウハウを結集させたもの。微酸性次亜塩素酸水を直接噴霧させることで青果・野菜類の外観・鮮度・食感を向上させる。微酸性次亜塩素酸水の原料には食塩を含まないため塩の残留がなく、すすぎ洗いは不要となる。 同装置には8,000時間以上の長寿命運転で実績のある電解槽(特許取 得済)を搭載のほか、HOCL濃度や pHは独自技術のLEDで自動測定を行う安心設計となっている。

微酸性次亜塩素酸水の原液残量はタッチパネル上に表示される。外形寸法はW900×D 500×H1,700(mm)。本体 は移動式のため設置場所を選ばない。

関連記事

  1. ロングライフ食品包装をサポートする、MAPガス対応の最新型残存酸…
  2. HACCP温度モニタリングに最適なデータロガーを種々ラインアップ…
  3. 生産計画・実績管理システムの提案を加速ーセイノー情報サービス
  4. 無電源で使用場所を選ばない除菌水生成装置
  5. HACCPに沿った衛生管理を導入済み事業者は23%―HACCP導…
  6. 簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売
  7. マイクロ波加熱装置が食材乾燥や茶葉焙煎で引き合い
    炉内ワー…
  8. 紙・プラ代替素材「LIMEX」の用途開発で基本合意
    LIM…

おすすめリンク先

PAGE TOP