関連トピックス

物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

物産フードサイエンスとメタジェンは、ケストース摂取時の腸内環境変動を詳細に解析し、代謝改善効果の解明に向けた共同研究を開始した。

ケストースとは、スクロース1 分子にフルクトース1 分子が結合した3 糖の機能性糖質で、甜菜、タマネギ、アスパラガスなどに含まれている。砂糖に似た甘味質だが、血糖値に影響を与えず、プレバイオティクス効果があると考えられている。

メタジェンは、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指している企業。独自の高度な腸内環境データ解析プラットフォームを活用し、ケストース摂取による腸内環境へもたらす影響について、腸内環境およびメタデータの統合解析を実施し、代謝改善効果の解明や新知見の発見を目指す。

関連記事

  1. シュガーエステル製造を2拠点に
  2. 水溶性えんどう多糖類 不二製油グループ、水溶性えんどう多糖類を製造する子会社を欧州に設…
  3. アスク薬品の販売するマンゴー葉乾燥エキス「Zynamite®」が…
  4. 科学的知見に基づく考え方や添加物の有用性・安全性を啓発
    日…
  5. 長瀬産業、シンガポールに食品素材ラボを設立し、食品素材の海外展開…
  6. 植物由来タンパクの世界的供給国を目指す―カナダ・プロテイン産業協…
  7. 7月10日はブラックジンジャーの日―丸善製薬が記念日登録
  8. 卓上甘味料だけでなく料理にも使えるアガベシロップ、今後の拡大に期…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP