関連トピックス

物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

物産フードサイエンスとメタジェンは、ケストース摂取時の腸内環境変動を詳細に解析し、代謝改善効果の解明に向けた共同研究を開始した。

ケストースとは、スクロース1 分子にフルクトース1 分子が結合した3 糖の機能性糖質で、甜菜、タマネギ、アスパラガスなどに含まれている。砂糖に似た甘味質だが、血糖値に影響を与えず、プレバイオティクス効果があると考えられている。

メタジェンは、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指している企業。独自の高度な腸内環境データ解析プラットフォームを活用し、ケストース摂取による腸内環境へもたらす影響について、腸内環境およびメタデータの統合解析を実施し、代謝改善効果の解明や新知見の発見を目指す。

関連記事

  1. 第2回DSM環境経営フォーラムを開催
  2. えごま油の機能性研究で麻布大学に「機能性脂質学研究室」を開設
  3. 日本豆乳協会、2019年4-6月期の豆乳類の生産量が10万kL超…
  4. 厚生労働省、第四次「消除予定添加物名簿」候補68品目を再調査―申…
  5. ATP・迅速検査研究会が10/17(木)に定例講演会を開催
  6. 三井製糖―スローカロリーシュガーを“次世代の砂糖”と位置付け積極…
  7. L-テアニンが認知改善に有効である試験結果を学会で発表
  8. 日新製糖、カップオリゴで“腸と腸内細菌”に関するフェアに協賛

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP