関連トピックス

物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

物産フードサイエンスとメタジェンは、ケストース摂取時の腸内環境変動を詳細に解析し、代謝改善効果の解明に向けた共同研究を開始した。

ケストースとは、スクロース1 分子にフルクトース1 分子が結合した3 糖の機能性糖質で、甜菜、タマネギ、アスパラガスなどに含まれている。砂糖に似た甘味質だが、血糖値に影響を与えず、プレバイオティクス効果があると考えられている。

メタジェンは、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指している企業。独自の高度な腸内環境データ解析プラットフォームを活用し、ケストース摂取による腸内環境へもたらす影響について、腸内環境およびメタデータの統合解析を実施し、代謝改善効果の解明や新知見の発見を目指す。

関連記事

  1. デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに…
  2. Roquette(ロケット)社、東京の食品技術センターを拡張
  3. カカオプロテインが腸内のフィーカリバクテリウムの増殖を促進し便通…
  4. 「腸内フローラと健康」市民公開講座も開設
    第22回腸内細菌…
  5. ダノン健康栄養フォーラム―スポーツと栄養に関する講演を開催
  6. 林原ライフセミナー 介護食や高齢者食に関心の高い一般の方にも広く…
  7. ヘスペリジンの機能性研究披露と地域の柑橘紹介―ヘスペリジン研究会…
  8. 高齢者のたんぱく質、1歳以上のビタミンDの設定値など引き上げ

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP