関連トピックス

物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

物産フードサイエンスとメタジェンは、ケストース摂取時の腸内環境変動を詳細に解析し、代謝改善効果の解明に向けた共同研究を開始した。

ケストースとは、スクロース1 分子にフルクトース1 分子が結合した3 糖の機能性糖質で、甜菜、タマネギ、アスパラガスなどに含まれている。砂糖に似た甘味質だが、血糖値に影響を与えず、プレバイオティクス効果があると考えられている。

メタジェンは、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指している企業。独自の高度な腸内環境データ解析プラットフォームを活用し、ケストース摂取による腸内環境へもたらす影響について、腸内環境およびメタデータの統合解析を実施し、代謝改善効果の解明や新知見の発見を目指す。

関連記事

  1. 物産フードサイエンス、セミナーでケストースの紹介、1月には研究会…
  2. グアーガム分解物は短鎖脂肪酸産生を介して自然免疫を賦活するという…
  3. 三菱商事ライフサイエンスと伊藤ハム、合弁で畜肉エキス・調味料工場…
  4. カカオプロテインが腸内のフィーカリバクテリウムの増殖を促進し便通…
  5. ルスロ社、コラーゲンペプチドが肌の美しさと髪の強度に関する有効性…
  6. 希少糖の最新研究発表、小胞体ストレス低減作用も―希少糖セミナー開…
  7. 食品と開発 ニュース プロテインケミカル、事故のお詫びとお知らせを公表
    グルコサ…
  8. BASF とGlycosyn、知的財産権の保護に成功

おすすめリンク先

PAGE TOP