関連トピックス

物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

物産フードサイエンスとメタジェンは、ケストース摂取時の腸内環境変動を詳細に解析し、代謝改善効果の解明に向けた共同研究を開始した。

ケストースとは、スクロース1 分子にフルクトース1 分子が結合した3 糖の機能性糖質で、甜菜、タマネギ、アスパラガスなどに含まれている。砂糖に似た甘味質だが、血糖値に影響を与えず、プレバイオティクス効果があると考えられている。

メタジェンは、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指している企業。独自の高度な腸内環境データ解析プラットフォームを活用し、ケストース摂取による腸内環境へもたらす影響について、腸内環境およびメタデータの統合解析を実施し、代謝改善効果の解明や新知見の発見を目指す。

関連記事

  1. 卓上甘味料だけでなく料理にも使えるアガベシロップ、今後の拡大に期…
  2. 大腸に関する正しい知識と対策意識の向上を目的に、「大腸劣化」対策…
  3. 家庭での介護食づくりにぜひ生かしてほしいトレハロース
    ―…
  4. 一丸ファルコス、SDGsに関するWebセミナーを4/20に開催
  5. 食品と開発 ニュース アイ・エフ・エフ日本、代表取締役社長に塚越伸朗氏が就任
  6. 食品と開発 ニュース 東洋新薬、鳥栖工場およびインテリジェンスパークがFSSC2200…
  7. 食品開発展は18日に閉会―出展社の製品紹介を続けます
  8. EGCGは腸内細菌叢と胆汁酸との相互作用を調節して脂肪性肝疾患を…

おすすめリンク先

PAGE TOP