関連トピックス

物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

物産フードサイエンスとメタジェンは、ケストース摂取時の腸内環境変動を詳細に解析し、代謝改善効果の解明に向けた共同研究を開始した。

ケストースとは、スクロース1 分子にフルクトース1 分子が結合した3 糖の機能性糖質で、甜菜、タマネギ、アスパラガスなどに含まれている。砂糖に似た甘味質だが、血糖値に影響を与えず、プレバイオティクス効果があると考えられている。

メタジェンは、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指している企業。独自の高度な腸内環境データ解析プラットフォームを活用し、ケストース摂取による腸内環境へもたらす影響について、腸内環境およびメタデータの統合解析を実施し、代謝改善効果の解明や新知見の発見を目指す。

関連記事

  1. レーズンの栄養価を積極発信
    ―カリフォルニア・レーズ…
  2. トコトリエノールやオメガ3配合製剤の血圧低下・炎症抑制の機能が明…
  3. 海洋プラスチックごみ問題解決に向け
    経産省が業種を横断す…
  4. 東洋新薬、健康食品OEMに特化した新会社「東洋フーズ」設立
  5. 早稲田大学、酪酸産生機能を有する新細菌群(C細菌群)をヒト腸内フ…
  6. 高砂香料工業、フロリダのグレープフルーツ植樹プロジェクトに参画
  7. 一丸ファルコス、化粧品・食品原料89製品でハラール認証取得
  8. 世界初、クチナシ青色素の分子構造解明に成功

おすすめリンク先

PAGE TOP