関連トピックス

物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始

物産フードサイエンスとメタジェンは、ケストース摂取時の腸内環境変動を詳細に解析し、代謝改善効果の解明に向けた共同研究を開始した。

ケストースとは、スクロース1 分子にフルクトース1 分子が結合した3 糖の機能性糖質で、甜菜、タマネギ、アスパラガスなどに含まれている。砂糖に似た甘味質だが、血糖値に影響を与えず、プレバイオティクス効果があると考えられている。

メタジェンは、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指している企業。独自の高度な腸内環境データ解析プラットフォームを活用し、ケストース摂取による腸内環境へもたらす影響について、腸内環境およびメタデータの統合解析を実施し、代謝改善効果の解明や新知見の発見を目指す。

関連記事

  1. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  2. 厚生労働省―15年ぶりの食品衛生法改正に対する提言をとりまとめ
  3. 食品・機能性素材、食品関連技術などの話題を無料配信!
  4. レーズンの栄養価を積極発信
    ―カリフォルニア・レーズ…
  5. 噛むことと健康との関連性を研究する研究会が発足
    調査研究を…
  6. 委託先処理状況の確認義務違反で食品廃棄物等排出事業者名の公表
  7. 高齢者のたんぱく質、1歳以上のビタミンDの設定値など引き上げ
  8. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP