技術・機器の記事

HACCP対応IoTシステムの提案を開始
複数箇所温度データの一括管理を実現

アイエスエイは、食品・食材の保管・輸送、あるいは製造加工プロセスで計測した複数のロケーション温度データを無線方式で確実に収集し、インターネット回線を通じて一括管理するHACCP対応IoTシステムの受注を開始した。

同システムで提供するのは、IoT普及のための有力通信技術と評されるLoRa無線方式を採用した遠隔環境監視装置「WD100シリーズ『ももことあやか』」(写真)。計測・制御ユニとデータ収集通信制御サーバでシステム構成されており、各種センサーの配線や、校正を済ませた状態で提供されるため、直ちに安心して利用できる。

計測ユニット内蔵のバッテリーは10年間の長寿命で電源工事も不要。IP67の防水仕様に加え、動作温度も-20℃~+75℃と幅広いロケーションに使用できる。通信距離が長いLoRa方式を採用しているため、見通し距離で11km以上、密集地でも3km以上の通信が可能(同社実験では見通し距離で42kmでも通信可能を確認)だ。

関連記事

  1. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発
  2. 「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
    吸湿機能で内容物…
  3. HACCP温度モニタリングに最適なデータロガーを種々ラインアップ…
  4. 衛生面に配慮した非接触センサー採用のNonタッチタイマー
  5. 監視機能搭載の温度・湿度・衝撃測定可能な新型ウォッチロガー
  6. 回転型通気乾燥装置が高品質乾燥製品の加工で評価高める
  7. プラグ、消費者のパッケージデザイン好意度をAIで予測
    パ…
  8. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP