食品素材の記事

セティ、乳酸菌の高濃度シリーズラインアップ拡充

セティでは乳酸菌「高濃度シリーズ」を展開しており、従来の3種類に加え、新製品を2種類揃えた。

新製品は、ヨーグルトから単離した「高濃度アシドフィルス菌1,000億cfu/g」と、チーズから単離した「高濃度カゼイ菌3,000億cfu/g」。

従来の、ヨーグルトから単離した「高濃度ビフィズス菌(ラクティス種)5,000億cfu/g」、発酵パン種から単離した「高濃度ラブレ菌6,000億cfu/g」、ヒト由来の「高濃度ロイテリ菌1,000億cfu/g」は、少量添加でコストメリットが高いことから好評を得ている。品揃えが増えたことで、顧客の要望にさらに応えられるようになった。

また、ヒト由来のビフィズス菌を5種類配合した「高濃度ビフィズス菌 BF MIX5」を新たに上市。アドレセンティス種、ビフィダム種、ブレーベ種、インファンティス種、ロンガム種の5種類のビフィズス菌で、菌数規格は1,000億cfu/g。腸内環境改善でビフィズス菌が注目されるなか、1つで5種類のビフィズス菌を配合できるメリットを訴求し、サプリメントや各種食品に紹介していく。

関連記事

  1. スポーツ向け素材のニューフェイス「オキシストーム」
  2. 東北製薬グループが合弁でソルビトール生産へ
    自社のビタミン…
  3. ナノ型乳酸菌nEF®のノロウイルス感染防御作用を確認
  4. 脳機能改善作用をもつブルーベリー&グレープ混合物
  5. 研光通商、サチャインチプロテイン パワーシェイク新発売
  6. ウイスキー風味やブランデー風味を付与できるオーク抽出物
  7. 日清ファルマ、ポリアミン酵母など新素材2品を参考出展
  8. 高吸収性クルクミン原料「BCM-95®」の大腸炎抑制効果

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP