食品素材の記事

セティ、乳酸菌の高濃度シリーズラインアップ拡充

セティでは乳酸菌「高濃度シリーズ」を展開しており、従来の3種類に加え、新製品を2種類揃えた。

新製品は、ヨーグルトから単離した「高濃度アシドフィルス菌1,000億cfu/g」と、チーズから単離した「高濃度カゼイ菌3,000億cfu/g」。

従来の、ヨーグルトから単離した「高濃度ビフィズス菌(ラクティス種)5,000億cfu/g」、発酵パン種から単離した「高濃度ラブレ菌6,000億cfu/g」、ヒト由来の「高濃度ロイテリ菌1,000億cfu/g」は、少量添加でコストメリットが高いことから好評を得ている。品揃えが増えたことで、顧客の要望にさらに応えられるようになった。

また、ヒト由来のビフィズス菌を5種類配合した「高濃度ビフィズス菌 BF MIX5」を新たに上市。アドレセンティス種、ビフィダム種、ブレーベ種、インファンティス種、ロンガム種の5種類のビフィズス菌で、菌数規格は1,000億cfu/g。腸内環境改善でビフィズス菌が注目されるなか、1つで5種類のビフィズス菌を配合できるメリットを訴求し、サプリメントや各種食品に紹介していく。

関連記事

  1. IHM、粉末タイプのプラズマローゲンを販売開始
  2. グリーンオート乾燥エキスの単回摂取による認知機能への影響を調べた…
  3. オリザ油化、アグアヘエキスの前立腺肥大抑制作用を新たに確認―女性…
  4. 着色や分解を気にせず使える安定型ビタミンC「アスコフレッシュ®」…
  5. 「おいしさをもっと簡単に」をテーマに製菓・製パン用の新製品発売
  6. キャノーラ由来のたん白素材事業に着手
  7. 丸紅ケミックス、中国新興メーカーのビタミンCを展開へ
  8. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP