食品素材の記事

セティ、乳酸菌の高濃度シリーズラインアップ拡充

セティでは乳酸菌「高濃度シリーズ」を展開しており、従来の3種類に加え、新製品を2種類揃えた。

新製品は、ヨーグルトから単離した「高濃度アシドフィルス菌1,000億cfu/g」と、チーズから単離した「高濃度カゼイ菌3,000億cfu/g」。

従来の、ヨーグルトから単離した「高濃度ビフィズス菌(ラクティス種)5,000億cfu/g」、発酵パン種から単離した「高濃度ラブレ菌6,000億cfu/g」、ヒト由来の「高濃度ロイテリ菌1,000億cfu/g」は、少量添加でコストメリットが高いことから好評を得ている。品揃えが増えたことで、顧客の要望にさらに応えられるようになった。

また、ヒト由来のビフィズス菌を5種類配合した「高濃度ビフィズス菌 BF MIX5」を新たに上市。アドレセンティス種、ビフィダム種、ブレーベ種、インファンティス種、ロンガム種の5種類のビフィズス菌で、菌数規格は1,000億cfu/g。腸内環境改善でビフィズス菌が注目されるなか、1つで5種類のビフィズス菌を配合できるメリットを訴求し、サプリメントや各種食品に紹介していく。

関連記事

  1. 腸内環境改善とアレルギー対策で注目、大和薬品の「米ケフィラン」
  2. B&Gジャパン、発酵ベースの調味素材を日本市場へ
  3. リンゴンベリー種子オイルの本格提案を開始
  4. オリザ油化、米国における臨床試験で紫茶の運動機能向上作用を確認
  5. 三菱ガス化学のBioPQQ™が新規食品(Novel Food)と…
  6. 風味を維持・健康効果も期待できるスイカ抽出物を発売
  7. 研光通商、サチャインチプロテイン パワーシェイク新発売
  8. EC-12の供給不安が完全解消、さらなる利用拡大に向け提案を強化…

おすすめリンク先

PAGE TOP