技術・機器の記事

プラグ、消費者のパッケージデザイン好意度をAIで予測
パッケージデザイン選定の時間とコストを大幅に削減

プラグは4月16日、AIで消費者が好む商品パッケージデザインを予測する新サービスの提供を開始した。新サービスの名称は「パッケージデザイン好意度評価予測AIサービス」。

パッケージデザイン開発と、マーケティングリサーチを展開する同社がこれまでの実績と蓄積してきた豊富なデータを基に完成させたもので、食品・飲料メーカーなどのユーザーは、パッケージデザインの選定に関わる時間とコストを削減できるとともに、客観的な指標に基づいたパッケージデザイン評価が得られる。

通常、パッケージデザインの選定は、デザイナーから提案された十数案のデザインを商品開発担当者が3案程度に絞り込み、それらを消費者調査にかけ、最終案を選ぶというプロセスをたどる。このプロセスでは、調査前の選択が商品開発担当者の主観によるほか、消費者調査の実施についても100~300万円程度のコストがかかるうえ、結果が出るまでに2週間~1ヵ月程度の時間がかかる。

一方、新サービスは、パッケージデザインの画像をWEB上にアップするだけで、消費者がそのパッケージをどの程度好むか(好意度)の予測値(画像参照)を2~3分で算出するため、時間もコストも大幅に削減できる。具体的には、パッケージデザインの調査前のファーストスクリーニングや、パッケージデザイン調査に予算をかけられない商品のデザイン決定の指標などで利用が可能だ。選定過程のパッケージデザインを消費者に見せる必要がないため、情報漏えいリスクがない点も大きなメリットと言える。

AI予測システムは、同社がこれまで実施した4,100商品に対する410万人の消費者パッケージデザイン調査結果データを判断の基としており、ビールや飲料、カップ麺などについては特に高い予測精度での評価が可能。同社は今後も、毎年春秋2回の消費者パッケージ調査を積み重ね、予測精度をさらに高めていくとしている。なお、新サービス提供にあたり、1企業10画像分の無料テスト(https://hp.package-ai.jp)にも対応する。

 

関連記事

  1. HACCP機能を搭載した防水型デジタル温度計を発売―佐藤計量器製…
  2. IoT対応で水分活性分析と食品安全マネジメントをサポート
  3. MORESCO 従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上
  4. 無電源で使用場所を選ばない除菌水生成装置
  5. ウエノフードテクノ、食品に貼りつきにくいアルコール揮散剤「ETパ…
  6. オゾン殺菌効果で室内における感染リスクを低減
  7. 監視機能搭載の温度・湿度・衝撃測定可能な新型ウォッチロガー
  8. 鮮度保持とHACCP制度化で注目
    窒素ガス発生装置と除菌フ…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP