食品素材の記事

池田糖化工業、水分散性良好な「大豆プロテインEZ」を上市

池田糖化工業は、植物性原料のみを使用し、独自製法で水分散性を向上させた「大豆プロテインEZ」を上市した。

大豆由来たん白質を70%以上含有する粉末製品で、配合したショウガエキスのマスキング効果により大豆プロテイン特有の風味や苦味を低減。ショウガ由来酵素等の作用によりたん白質を低分子化し、さらに粉末を多孔質化しているため、水分散性に優れており、喫食時のざらつき感も抑えている。

大豆プロテインEZの栄養吸収性について動物試験を実施しており、カゼインプロテインやホエイプロテインと同程度の栄養吸収性を確認。また、大豆プロテインEZ摂取群では、動物性プロテイン摂取群に比べて血中総脂質が有意に低いことが明らかとなっている。

同社では、健康維持や体型維持等に適した、おいしいプロテイン素材として、市場開拓していく方針。荷姿は5kg×2/ケース入りで賞味期限は製造後2年に設定している。

関連記事

  1. 林原、消費者向け製品発売―第1弾として「ファイバリクサ®顆粒」を…
  2. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  3. CBC、コスクラ社のエンドウたん白を日本市場で本格展開
  4. 酒石酸相場が高騰 欧州ブドウ2年連続の不作の懸念が強まる
  5. スポーツニュートリション 清水化学、「CarnoSyn®」ブランドのベータアラニン販売開始…
  6. 小腸での栄養成分の吸収向上機能を持つ「アストラジン」
  7. デュポン、ビフィズス菌B420の体脂肪低減効果の研究成果を発表
  8. アルコールと動物由来原料不使用のフレーバー

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP