食品素材の記事

IMCDジャパン・機能性素材分野に本格参入

オランダに本社を置くスペシャリティケミカルの大手商社・IMCDでは海外で実績を持つ機能性素材の販売を今年から本格化する。同社はスペシャリティケミカルの取り扱いではグローバル市場でトップクラスの商社で、ケミカル業界における高い専門性と世界のネットワークを生かして付加価値素材を販売する。

同社では2014年にオーストラリアの植物抽出メーカー・ネットワークニュートリションを傘下に収めており、そこで抽出した150種類以上の高品質植物原料をカスタムグレード絵で販売する。ネットワークニュートリションの16工場のうち11工場はGMP、ISO、HACCPなどの認証を得ており、原料の選定からプロセスデザインの開発、分析方法のバリデーション、製品の規格化、安全性項目の検査、データ評価まで品質保証については自信を持つ。

植物抽出物製品はブレインヘルス、アイヘルス、エナジーなど18の機能ごとにラインアップされているが、国内ユーザーの要望を聞きながら日本向け製品を今後ラインアップしていきたいとする。

関連記事

  1. バニラの現状と顧客のニーズを汲んだ製品提案
  2. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品
  3. エル・エスコーポレーション、エルゴチオネインの脳機能に関するヒト…
  4. アンチエイジング、脳活性、脳機能回復およびストレス緩和機能を持つ…
  5. 巣ごもり需要で家庭用こめ油の市場が拡大
  6. 結晶セルロース 旭化成、結晶セルロース「セオラス®」など値上げへ
  7. ラクトフェリン玉不足問題、長期化へ
    アジア・米国市場への対…
  8. 植物性ナノ型乳酸菌SNKの抗ストレス作用を確認

おすすめリンク先

PAGE TOP