食品素材の記事

IMCDジャパン・機能性素材分野に本格参入

オランダに本社を置くスペシャリティケミカルの大手商社・IMCDでは海外で実績を持つ機能性素材の販売を今年から本格化する。同社はスペシャリティケミカルの取り扱いではグローバル市場でトップクラスの商社で、ケミカル業界における高い専門性と世界のネットワークを生かして付加価値素材を販売する。

同社では2014年にオーストラリアの植物抽出メーカー・ネットワークニュートリションを傘下に収めており、そこで抽出した150種類以上の高品質植物原料をカスタムグレード絵で販売する。ネットワークニュートリションの16工場のうち11工場はGMP、ISO、HACCPなどの認証を得ており、原料の選定からプロセスデザインの開発、分析方法のバリデーション、製品の規格化、安全性項目の検査、データ評価まで品質保証については自信を持つ。

植物抽出物製品はブレインヘルス、アイヘルス、エナジーなど18の機能ごとにラインアップされているが、国内ユーザーの要望を聞きながら日本向け製品を今後ラインアップしていきたいとする。

関連記事

  1. 日成共益、ソーマチン製剤の日本市場へ
  2. ホップの芳香、風味を強調できるエキスを開発
  3. エクセルバイト社、EVNol SupraBio™がNGFに関与す…
  4. 筋量増加が示唆された卵白たん白
  5. カルシウムの吸収性を高める素材「CPP」を積極提案
  6. 日成共益、新たな植物性たん白素材「アーモンドプロテイン」を紹介
  7. 月刊『食品と開発』1月号には食物繊維の企画を掲載しています
  8. 減塩―つけすぎない工夫も大事

おすすめリンク先

PAGE TOP