食品素材の記事

備前化成、ブルーベリー葉エキス末の眼精疲労・ドライアイ改善で特許取得

備前化成は2月に、同社の「ブルーベリー葉エキス末」において、眼精疲労・ドライアイ改善機能について特許を取得した(特許第6293559号)。

ブルーベリー葉エキス末は、クロロゲン酸やプロアントシアニジンなどポリフェノールを多く含むラビットアイブルーベリーの葉から抽出したもので、総ポリフェノール含量30%以上で規格化したもの。

ヒト試験にて眼精疲労・ドライアイ改善効果を確認している。眼精疲労とドライアイを自覚する20歳以上65歳未満の成人男女に同品1,000mg/日を8週間連続摂取させたところ、摂取前と比較して涙液安定性および角結膜上皮の状態が有意に改善、さらに自覚症状では目の疲れなど7項目で有意な改善をみた。

同品にはアイケアのほか、脂肪蓄積抑制、血圧上昇抑制、抗酸化、抗糖化などの機能性も確認されているが、同社では特許を取得したこともありアイケア素材としての紹介を強めている。

関連記事

  1. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催
  2. セティ、乳酸菌「LGG®」をサプリメント用に提供開始
  3. BASFジャパン、体内の吸収量を大幅に高めた新ルテイン製剤上市
  4. スパイスで認知症予防を考える
    ―ウコン由来ターメロン、ゴ…
  5. ウコン抽出物の変形性膝関節症とNASHへの有効性試験
  6. カルシウムの吸収性を高める素材「CPP」を積極提案
  7. デュポン、植物性食品・飲料向けの乳酸菌カルチャーを発売
  8. サンブライト、ε-ビニフェリン高含有のレスベラトロール上市

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP