関連トピックス

不二製油グループ、水溶性えんどう多糖類を製造する子会社を欧州に設立

不二製油グループ本社は、子会社フジブランデンブルク社(Fuji Brandenburg GmbH、以下FBG)を「水溶性えんどう多糖類」の生産拠点としてドイツに設立することを発表した。

同社グループは世界的に、植物性油脂、業務用チョコレート、乳化・発酵素材、大豆加工素材という4事業を展開している。とくに大豆加工素材は日本国内で活発に動いており、なかでも水溶性大豆多糖類は大豆由来の水溶性食物繊維で、同社が世界に先駆けて開発した素材。食物繊維付与や安定剤として様々に利用が拡がっている。今回、この水溶性大豆多糖類の知見を活かし、えんどうの人気が高く、ソイフリーニーズもある欧米向けに「水溶性えんどう多糖類」の紹介をしていく。

原料となるえんどうはドイツを中心とした欧州産を使う予定。工場の稼働は2021年4月を予定しているとのこと。なお、日本での販売は想定されていない。

■Fuji Brandenburg GmbH社の概要
社名:Fuji Brandenburg GmbH
所在地:AmBahnhof3-4,15938Golssen,Germany
設立:2019年7月
代表者:六川尚宏
資本金:€25千
事業内容:水溶性えんどう多糖類の製造
従業員数:21名

関連記事

  1. BASF、DHA・EPA測定キットで新サービスを開始
  2. 有名洋菓子メーカーの情報システム部長も講演
    参加無料の「…
  3. 結晶セルロース 委託先処理状況の確認義務違反で食品廃棄物等排出事業者名の公表
  4. 海洋プラスチックごみ問題解決に向け
    経産省が業種を横断す…
  5. 林原ライフセミナー 介護食や高齢者食に関心の高い一般の方にも広く…
  6. デュポン、イノベーション&アプリケーションセンター竣工式
  7. 一丸ファルコス、公式スマートフォンアプリをリリース
  8. 常磐植物化学研究所、70周年記念シンポジウムを共同開催―多数の講…

おすすめリンク先

PAGE TOP