関連トピックス

不二製油グループ、水溶性えんどう多糖類を製造する子会社を欧州に設立

不二製油グループ本社は、子会社フジブランデンブルク社(Fuji Brandenburg GmbH、以下FBG)を「水溶性えんどう多糖類」の生産拠点としてドイツに設立することを発表した。

同社グループは世界的に、植物性油脂、業務用チョコレート、乳化・発酵素材、大豆加工素材という4事業を展開している。とくに大豆加工素材は日本国内で活発に動いており、なかでも水溶性大豆多糖類は大豆由来の水溶性食物繊維で、同社が世界に先駆けて開発した素材。食物繊維付与や安定剤として様々に利用が拡がっている。今回、この水溶性大豆多糖類の知見を活かし、えんどうの人気が高く、ソイフリーニーズもある欧米向けに「水溶性えんどう多糖類」の紹介をしていく。

原料となるえんどうはドイツを中心とした欧州産を使う予定。工場の稼働は2021年4月を予定しているとのこと。なお、日本での販売は想定されていない。

■Fuji Brandenburg GmbH社の概要
社名:Fuji Brandenburg GmbH
所在地:AmBahnhof3-4,15938Golssen,Germany
設立:2019年7月
代表者:六川尚宏
資本金:€25千
事業内容:水溶性えんどう多糖類の製造
従業員数:21名

関連記事

  1. 2020年の豆乳類生産量が過去最高の生産量に―コロナ禍で宅内での…
  2. 三菱ケミカル、来年1月に酢酸・酢酸塩類を2次値上げ
  3. キユーピータマゴとカナエフーズが12月に合併
  4. グアーガム分解物のマウスにおけるサルコペニア肥満抑制効果を発表
  5. 林原ライフセミナー 介護食や高齢者食に関心の高い一般の方にも広く…
  6. 環境に優しい高吸水性ポリマーの開発に成功
  7. 結晶セルロース 日本人の食事摂取基準(2020年版)、第1回の策定検討会開催
  8. 結晶セルロース HACCP制度化を踏まえた衛生管理の改善事例を学ぶ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP