関連トピックス

ヒットする商品の開発、市場傾向や今後の食の変化などを探る講演会を開催(2/28)

(一社)クリエイティブ食品開発技術者協会では、2月28日(金)に「消費者の志向傾向を考えた商品開発」をテーマに、第3回クリエイティブ食品開発技術者協会セミナーを開催する。

ヒットする新商品や時節にあった商品を開発するためには、
・消費者のトレンドやニーズなど市場の情報
・開発のための創造性、知識、技術、マーケティング力、社内のチームワーク
・食品業界の動き、社会の動き、それらの国内外での変化
などを知る必要がある。

今回のセミナーでは、現在の市場傾向を学びつつ、将来、「食」がどのように変わっていくかを考えていく。

第3回クリエイティブ食品開発技術者協会セミナー
日時:2月28 日(金)14:30~18:00(受付14:00~)
会場:アーキヒルズ茅場町ベース(東京都中央区新川町 1-26-9 橋口ビル2階)
会費:当協会会員3,000円、非会員5,000円
申込方法:FAX:06-7507-2299、またはe-mail:[email protected] にて
氏名、会社名、会員かどうか(当日入会希望など)を送付

プログラム
■なぜ今、グルテンフリー食品が必要なのか?
講師:瀬口正晴 日本穀物科学研究会会長/神戸女子大名誉教授
小麦粉グルテンの引き起こすアレルギー、グルテン不耐症、セリアック病について解説。日本では知られていないが、グルテン食品を食べられない人は多くいると考えられ、その解決法としてのグルテンフリー食品の必要性を紹介。長年にわたって研究されているサワードウの注目点なども加えて講演する。

■自然志向の食品業界の今後、アメリカの食品産業の動きに学ぶ
講師:吉田隆夫  JTC インターナショナル主宰/当協会専務理事
ますます自然志向が高まるアメリカの食品業界。消費者の意識が非常に高くなってきているからであり、その傾向を分析し、食品業界の自然志向の動きを解説する。とともに、世界の食品産業、日本の食品産業に今後どのように影響し、変わっていくのかを考察する。農業から食卓までの変化、市場に出てくる商品、それを支える食品成分など多角的な面から食の変化を考えていく。

クリエイティブ食品開発技術者協会のHPは⇒ https://www.cftassoc.org/

関連記事

  1. キユーピータマゴとカナエフーズが12月に合併
  2. 物産フードサイエンス「愛知ブランド企業」に認定
  3. 食品原料の販売企業と購買企業を結ぶWebサービス-廃棄ロスや地方…
  4. 家庭での介護食づくりにぜひ生かしてほしいトレハロース
    ―…
  5. BASF、DHA・EPA測定キットで新サービスを開始
  6. 抹茶が持つ健康機能に関する研究を紹介―抹茶と健康研究会
  7. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  8. 「腸内フローラと健康」市民公開講座も開設
    第22回腸内細菌…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP