技術・機器の記事

機能性素材の研究・開発を迅速にサポート

三谷産業では本年12月より、ベトナム工場で機能性食品素材の研究・開発受託事業をスタートする。

同社のベトナム工場は2008年より機能性食品素材の製造を行っており、様々な天然物からの抽出、分解、濃縮、分離精製などを行っている。ここで培ったノウハウをもとに原料のスクリーニングから最適な抽出条件の検討、製造条件に関する試験、研究を受託していく。

微量成分の抽出効率を上げ、研究コスト削減を図るなどユーザーの研究開発に関する課題にも迅速に対応.素材の開発サポートを行っていきたいとする。

関連記事

  1. ノロ対策で食添殺菌料活用ソリューションの提案を加速
  2. AI技術活用の商品需給計画システムを導入
    計画主導型ロジ…
  3. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  4. HACCP機能を搭載した防水型デジタル温度計を発売―佐藤計量器製…
  5. 防水型デジタル温度計に無線通信モデルを追加
  6. HACCPに沿った衛生管理を導入済み事業者は23%―HACCP導…
  7. 食品生産ライン速度倍増を実現した最新包装システム
  8. Bluetoothでスマホやタブレットにデータ送信できる

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP