技術・機器の記事

IoT対応で水分活性分析と食品安全マネジメントをサポート

SKALA AQ2

アイネクスでは、米METER Group Inc(旧社名デカゴン社)の各種水分活性測定装置を取り扱っている。このほど米METER Group Incでは、高い信頼性と実績を持つ露点センサ技術にIoT技術を融合させた新たなコンセプトの水分活性装置「SKALA AQ2」(写真)を開発した。

SKALA AQ2は、AquaLab Series4TEと同じ露点センサを採用し、±0.005awの高精度で5分以内で測定が完了する。温度制御を内蔵し25℃での一定した測定が可能。測定装置(AQ2)を制御するSKALA hubは、データの保管、管理を効率化し最大7台までのAQ2を接続することができる。加えてpHメータ水分計などSKALAライブラリーにある計測器を接続してデータの一元管理を行うことができる。

データの改ざん防止はもちろん、クラウドサーバーにより遠隔地や複数工場間におけるデータ管理やチェックも容易に行えるため、HACCPなど食品安全マネジメントへの取り組みにも貢献する。発売は2019年5月以降の予定。

関連記事

  1. 非接触・非破壊で硬さ(柔らかさ)の見える化を実現
  2. 回転型通気乾燥装置が高品質乾燥製品の加工で評価高める
  3. 酵素法ヒスタミン検出キットでAOAC PTM認証
  4. キヤノンITS、異物・品質検査に画像AI技術を採用
    新世代…
  5. 安全性に優れる防虫対策忌避ラインテープの販促加速
  6. MORESCO 従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上
  7. JFEシステムズ記事イメージ 原料規格書管理限定エントリーモデルを発売
    「Mercriu…
  8. 悪臭対策から熱中対策まで作業環境改善をトータルでサポート

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP