技術・機器の記事

IoT対応で水分活性分析と食品安全マネジメントをサポート

SKALA AQ2

アイネクスでは、米METER Group Inc(旧社名デカゴン社)の各種水分活性測定装置を取り扱っている。このほど米METER Group Incでは、高い信頼性と実績を持つ露点センサ技術にIoT技術を融合させた新たなコンセプトの水分活性装置「SKALA AQ2」(写真)を開発した。

SKALA AQ2は、AquaLab Series4TEと同じ露点センサを採用し、±0.005awの高精度で5分以内で測定が完了する。温度制御を内蔵し25℃での一定した測定が可能。測定装置(AQ2)を制御するSKALA hubは、データの保管、管理を効率化し最大7台までのAQ2を接続することができる。加えてpHメータ水分計などSKALAライブラリーにある計測器を接続してデータの一元管理を行うことができる。

データの改ざん防止はもちろん、クラウドサーバーにより遠隔地や複数工場間におけるデータ管理やチェックも容易に行えるため、HACCPなど食品安全マネジメントへの取り組みにも貢献する。発売は2019年5月以降の予定。

関連記事

  1. MORESCO 従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上
  2. 「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
    吸湿機能で内容物…
  3. 微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置
  4. AI技術活用の商品需給計画システムを導入
    計画主導型ロジ…
  5. 圧力伝達用封入液を不要にした新型圧力トランスミッタ
  6. 潤滑・離型剤スプレーをより使い易くリニューアル発売
  7. 食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入
  8. 化学物質の気中濃度をリアルタイム確認 個人ばく露濃度計

おすすめリンク先

PAGE TOP