関連トピックス

7-9月期の豆乳類の生産量は、前年同期比96.4%―日本豆乳協会

日本豆乳協会は、2023年7-9月期における豆乳類全体の生産量が104,859kL(前年同期比:96.4%)となったことを発表した。

豆乳類の分類別生産量を見ると
豆乳(無調整)33,263kL(103%)
調製豆乳 50,189kL(94%)
果汁入り豆乳飲料 4,250kL(102.2%)
フレーバー系の豆乳飲料(その他)13,477kL(88.3%)
その他(業務用など)3,678kL(99.6%)

生活者の消費マインドの低下や買い控えが続くなかでも、「豆乳(無調整)」(103%)と「果汁入り豆乳飲料」(102.2%)は堅調な伸びを示し、消費者の健康意識による豆乳への回帰が見られたと分析する。豆乳協会では、食における健康志向は依然として高く、豆乳に対する健康への期待値は大きいと考えており、特に10月からは豆乳を使った料理需要が増えることから、生産量の増加が期待されている。

関連記事

  1. 太陽化学、ICoFF2019でグアーガム分解物の腸内環境への影響…
  2. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  3. 豆乳は様々な用途に広がり生産量は順調-各社の新製品も続々
  4. 食品原料の販売企業と購買企業を結ぶWebサービス-廃棄ロスや地方…
  5. 林原、来年2月に“食の安全・健康情報”に関するセミナーを開催
  6. ルスロ社、コラーゲンペプチドが肌の美しさと髪の強度に関する有効性…
  7. 大腸に関する正しい知識と対策意識の向上を目的に、「大腸劣化」対策…
  8. 物産フードサイエンス、「パン類の生地改良及び食感改良剤」にて発明…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP