技術・機器の記事

運転管理をアシストするユニットタイプ純水製造装置

オルガノは、処理能力の効率化と省スペース、省エネをコンセプトにしたユニットタイプの純水製造装置「スーパーデサリナー SD-XP/HFシリーズ」(写真)を発売した。

同装置は、前処理装置・RO膜・EDIをコンパクトにユニット化したほか、IoT/ICTシステムによる運転管理アシスト機能を搭載した最新型純水装置。ユーザーの原水水質に応じて最適な流量に自動調整可能なため、現場での手動調整を最小限に抑えることができる。

また、同社独自のデータ解析により活性炭、安全フィルタ、RO膜の性能低下リスクを水質が悪化する前に知らせる健全性判定アシスト機能も特長。遠隔監視システム(オルトピアDW)の標準搭載により装置の稼働状況を把握できるため、満足度の高い保守サービスの提供を実現している。

さらに2段ROシステムと自社開発のEDIスタックの搭載により、高純度純水の安定供給が可能なほか、ROポンプへのインバーター搭載により優れた省エネルギー性を実現している。

同装置は再生型純水装置で必要な酸・アルカリ薬品が不要なため、危険な薬品の保管や補給作業がない点もセールスポイントだ。ラインアップは処理水量1.0㎥/h~3.0㎥/hまでの5機種を取り揃えている。

関連記事

  1. フードロス削減に貢献 高鮮度・鮮度保持シート「一心太助」
  2. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  3. JFEシステムズ記事イメージ 原料規格書管理限定エントリーモデルを発売
    「Mercriu…
  4. 廃水槽の油脂分解・悪臭対策に最適なエコゾアGBブロック(B)
  5. 電力費をはじめトータルコストの大幅削減で国内外の民需・官需で導入…
  6. 大型液晶でpHと温度を同時に表示
    IP67準拠の防塵・防水…
  7. 研究開発からパイロットプラントまで対応可能なUHT熱交換器装置
  8. 子ども食堂「向日葵の家グループ」へSDGsサポート

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP