技術・機器の記事

圧力伝達用封入液を不要にした新型圧力トランスミッタ

長野計器は、圧力伝達用の封入液を使用しないコンタミリスク低減構造を採用した「サニタリ デジタル表示付 2線式圧力トランスミッタ SU71」を開発し、先ごろ販売を開始した。

SU71は、食品・飲料や医薬品、化粧品などの製造プロセスで配管を通過する液体または気体の圧力を計測・表示するもので、独自のセンシング技術と、現場重視の発送からワンランク上の圧力制御に貢献する。

“封入液レス”構造採用で封入液漏れの懸念を解消したため、コンタミリスクの大幅な低減を実現しており、素材もオールステンレス仕様であることから、安全・安心面での評価が高い。放熱フィンも使用しないため、異物汚れが付着しにくく、外部からの洗浄性にも優れる。接液部許容温度が150℃と高いため、高温粒体の測定やCIP洗浄への対応も可能。圧力センサ素子は静電気容量方式のため、クランプ締め付け時、歪みの影響を受けにくく、ゼロ点調整は不要。製造プロセス現場での設置やメンテナンスも容易に行える。

関連記事

  1. 防虫用エアカーテンに省スペースタイプ「バグシャッター スリム」登…
  2. オゾン殺菌効果で室内における感染リスクを低減
  3. 粉体取り出し作業の軽減化と省人化を高効率にサポート
  4. HACCP温度モニタリングに最適なデータロガーを種々ラインアップ…
  5. 食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入
  6. 研究開発からパイロットプラントまで対応可能なUHT熱交換器装置
  7. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発
  8. 洗浄力を落とさずに最大節水率95%を実現する節水ノズル

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP