関連トピックス

味元ブランドのMSG、4月から2次値上げ

大象ジャパンは、味元ブランドの加工用L−グルタミン酸ナトリウム(MSG)を4月納入分より10%の価格改定を実施する。

主要原料となる糖蜜や、アンモニア、苛性ソーダなどの副原料の高騰に加え、インドネシア現地で製造するエネルギーコストや海上輸送費が急騰。さらに安心・安全を維持するための品質の確保に関わるコスト負担増など、総合的にコストが上昇している。

こうした状況下で、今年1月納入分より平均20-30%以上の価格改定を実施してきたが、原料やエネルギー、物流に関わるコスト負担がさらに増しており、安定供給を行っていくうえでコスト上昇分を吸収することが難しく、再値上げをせざるを得ないと判断した。

現在、ユーザーと調整に入っており、広く理解を求めていく。

関連記事

  1. 技術者のためのマネジメントに関する多角的な講演―油化学セミナー
  2. 豆乳 1-3月の豆乳類生産量が増加、新型コロナウイルスの影響による在宅…
  3. Tie2活性化や毛細血管、リンパ管など多角的な学術研究を披露―T…
  4. 穀類由来の食物繊維が、食物繊維摂取量増加の鍵
     ―小麦ブ…
  5. 物産フードサイエンス、糖アルコールに関するウェビナーを開催
  6. カカオプロテインが腸内のフィーカリバクテリウムの増殖を促進し便通…
  7.  第9版食品添加物公定書が告示
  8. 食品添加物公定書(第9版追補版1)を公表

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP