関連トピックス

新たな食品改質剤―歩留り・栄養素を保持し、省電力・CO2削減も解決

ミライ化成は、歩留りが向上する新しい食品改質剤「レスドリップST」と、発酵食品の製造工程でバチルス類の増殖を抑制する「PP165乳酸菌」を、10月12日からの食品開発展で紹介する。

「レスドリップST」は、エビなどの加熱調理時に、原料に塗布するだけで加熱による原料の収縮を抑えられるため、歩留りが向上する。素材の持つ栄養素や美味しさを保持し、外観も維持する。長時間の浸漬が不要になるため工程の大幅短縮、設備に関わる電力コスト・CO2発生量の削減も可能とする。植物由来原料を使ったpHが中性の製剤で、リン酸塩・アルカリ剤による浸漬不要となっている。

「PP165乳酸菌」は、発酵食品の製造工程で利用する生菌粉末で、発酵を阻害するバチルス属細菌の増殖を抑制する機能をもつ。発酵が安定することでロットアウト頻度が減少し、無駄な廃棄を少なくできるだけでなく、30~50%という大幅な減塩も可能になる。PP165乳酸菌がグルタミン酸やコハク酸などを生成するため、うま味も増加する。味噌や甘酒、日本酒、発酵調味料などに利用できる。

※食品開発展についてはこちらをご覧ください。
https://www.hijapan.info/
10月12日(水)~14日(金)東京ビッグサイト西ホール
ただいま来場事前登録受付中です。

関連記事

  1. トレハロースシンポジウム開催―トレハロースと免疫に関する研究紹介…
  2. サステナブルや原料難に対応した食品開発に役立つ情報を発信-オンラ…
  3. 築野食品工業、⽶ぬかの研究開発拠点となるTIWセンターを設⽴
  4. 機能性素材の普及、甘味食品の試験検査業務を活動の軸に
  5. 食品添加物メディアフォーラム開催、リスク評価について解説
  6. 7月10日はブラックジンジャーの日―丸善製薬が記念日登録
  7. 腸内細菌学会―会場とWebのハイブリッドで6月に開催
  8. 結晶セルロース 林原、新たな水溶性食物繊維素材「環状四糖水あめ」を開発

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP