未分類

X線異物検出装置と金属検出機の最新動向

食品の製造・加工工程における異物の検出・除去は、PL法やHACCPの普及、社会問題化した食品の異物混入事件を契機として極めて重要なテーマになっている。ただ、この1年間をみても異物の混入が判明し、製品回収を実施した事例は後を絶たない。業界関係者の中には、「表面化している事例は氷山の一角」という指摘もある。最悪の場合、経営の屋台骨を揺るがしかねない事態も想定され、現実に数億円単位の損害賠償を求められる訴訟も発生している。こうした中で、食品・飲料メーカー等では異物混入対策への関心、設備投資の必要性は従来以上に高まっており、より効果的なソリューションの導入が求められている。
本稿では、金属、ガラス、石、骨など、人体に危害を与えかねない異物混入対策として不可欠になっているX線異物検出装置と金属検出機の市場動向と製品開発動向を紹介。


■X線異物検出装置、金属検出機の有力サプライヤー■
アンリツ産機システム
http://www.anritsu-industry.com/J/
イシダ
http://www.ishida-ix.jp
島津製作所
http://www.shimadzu.co.jp/ndi/
太平洋エンジニアリング
http://www.taiheiyo-eng.co.jp/jpn/0frm.html
日新電子工業
http://www.nissin-elc.co.jp/
大和製衡
http://www.yamato-scale.co.jp/

関連記事

  1. 【健康素材】脳機能を高める注目の素材
  2. 食品開発展2011 事前来場登録を受け付け中
  3. クローズアップ
  4. クロマト分析技術の最新動向
  5. 食品の機能表示制度の見直しを
  6. クローズアップ
  7. 健康・天然志向で注目される野菜・果実原料
  8. 変わる食品表示シリーズ2

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP