バックナンバー

10月号特集 これからの食品開発を考えるⅩⅦ

食品産業の安心・安全性確保の取り組みの現状
 (財)食品産業センター JFARB 審査員評価登録室室長  大西 吉久
食品の機能性と安全性の追求  いわゆる健康食品と規格基準“JHFA”の現状と今後
 (財)日本健康・栄養食品協会  石田 幸久
トクホ制度の現状と将来
 (財)日本健康・栄養食品協会  橘川 俊明


<主な内容>
●「食品産業の安心・安全性確保の取り組みの現状」
はじめに
1.トレーサビリティシステムの開発・導入の現状
2.農薬等のポジティブリスト制の導入
3.ISO22000(FSMS)の発行と普及の展望
まとめ
●「食品の機能性と安全性の追求」
はじめに
1.食品の機能性
2.食品の安全性
3.JHFA(Japan Health Food Authorization)の役割とこれから
●「トクホ制度の現状と将来」
はじめに
1.許可商品と最近の審査の状況
2.トクホの将来

関連記事

  1. 【7月号特集】マイクロ・ナノバブルの食品工業への応用
  2. 【2013年9月号特集】理化学分析による食品の起源判別技術
  3. 製造現場における衛生管理の見直し
  4. 注目の殺菌技術と評価法
  5. 【5月号特集】食のグローバル化と安全管理の方向性
  6. スポーツニュートリションの開発動向
  7. 【2019年2月号・特集】DHA・EPAとその代謝産物の機能研究…
  8. 特集Ⅰ/注目のISO22000

おすすめリンク先

PAGE TOP