バックナンバー

10月号特集 これからの食品開発を考えるⅩⅦ

食品産業の安心・安全性確保の取り組みの現状
 (財)食品産業センター JFARB 審査員評価登録室室長  大西 吉久
食品の機能性と安全性の追求  いわゆる健康食品と規格基準“JHFA”の現状と今後
 (財)日本健康・栄養食品協会  石田 幸久
トクホ制度の現状と将来
 (財)日本健康・栄養食品協会  橘川 俊明


<主な内容>
●「食品産業の安心・安全性確保の取り組みの現状」
はじめに
1.トレーサビリティシステムの開発・導入の現状
2.農薬等のポジティブリスト制の導入
3.ISO22000(FSMS)の発行と普及の展望
まとめ
●「食品の機能性と安全性の追求」
はじめに
1.食品の機能性
2.食品の安全性
3.JHFA(Japan Health Food Authorization)の役割とこれから
●「トクホ制度の現状と将来」
はじめに
1.許可商品と最近の審査の状況
2.トクホの将来

関連記事

  1. 【2022年10月号】特集/持続可能な食品供給を目指して/食品開…
  2. 【5月号特集】微生物検査の国際規格への対応
  3. 【4月号特集】無菌化食品製造技術の最新動向
  4. 【12月号特集】食品加工への過熱蒸気利用技術最前線
  5. 【2015年12月号・特集】食品産業におけるオフフレーバー対策
  6. 【2017年4月号・特集】おいしさの評価技術と食品開発
  7. 【2015年6月号・特集】栄養成分表示と分析法の課題
  8. 清浄度向上のための機器・資材

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP