バックナンバー

プロバイオ・プレバイオ素材の市場動向【特集】

近年の生理機能に関する研究の進展で、腸内フローラつまり腸内環境の改善が人の健康維持・疾病予防と大きく関わってきていることが明らかにされてきた。
腸内環境の改善は便秘の予防などを意味する整腸作用に止まらず、消化器疾患予防、発がんリスクの低減、その他免疫賦活による様々な疾病のリスク低減に関わるといわれる。
欧米でもこのような認識から、プロバイオティクス、プレバイオティクスという概念が提唱され、これらを用いた機能性食品が市場を賑わし始めているが、わが国ではそれに先立ち、腸内改善食品、素材の一大市場が形成されつつある。
特集ではプロバイオティクスとしての乳酸菌、ビフィズス菌、プレバイオティクスとしての各種オリゴ糖、食物繊維、さらにバイオジェニクスといわれ、最近の研究で明らかにされつつある植物性素材の腸内環境改善効果についてみていく。


●注目のプレバイオティクス素材企業
ヘルスウェイ
日本ビーシージーサプライ
わかもと製薬
三共
セティーカンパニー
・武田キリン食品
コンビ
ニチニチ製薬

●注目のプレバイオティクス素材企業
(オリゴ糖)

明治製菓
サントリー
ヤクルト薬品工業
日新製糖
塩水港精糖
カルピス
日本甜菜製糖

関連記事

  1. 11月号特集 ポジティブリスト制度対応分析技術
  2. 高齢層・シニア層に向けた食品開発
  3. 【2014年7月号・特集】食品分野における電解水の利用
  4. 【2014年1月号・特集】進化する食品産業の環境保全への取組み
  5. 特定原材料表示と検査キットの開発
  6. 【2017年5月号・特集】HACCP義務化に向けた課題と取組み
  7. 大豆食品の新展開
  8. 【11月号特集】口腔ケア食品の開発

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP