未分類

【品質安全】品質・安全管理のためのモニタリング機器

~水分活性・pH・酸素・糖度・残留塩素モニタリングの最新動向~


各種モニタリング機器は、食品工場でのラボ、製造工程などにおける品質管理を行う上で欠かすことのできないツールとなっている。今回は、
①糖度や濃度を測ることで安全性と品質の管理目的で利用が広がるハンディタイプを中心とした屈折計
②微生物制御のための3大モニタリング項目として、温度とともに微生物制御という観点はもちろん、食品の品質保存上重要なパラメータである水分活性とpHの測定装置
③HACCP対応工場における水の安全衛生上の管理において、その指針となる塩素濃度を監視する残留塩素計
④その他、酸素濃度計、酸素透過率計など
本稿では、食品工場で利用が進むモニタリング機器において、特に品質管理に欠かせない上記計測装置の利用動向と最新機器の開発動向を見ていく。
【注目のモニタリング機器一覧】
アイネクス
アタゴ
飯島電子工業
京都電子工業
GSIクレオス
東レエンジニアリング
日本シイベルヘグナー
ハンナインスツルメンツ・ジャパン
日立ハイテクノロジーズ
メトラー・トレド

関連記事

  1. 【1月号】食品分野における抗酸化能測定技術の最新動向
  2. 【9月号】有機酸市場の最新動向
  3. 【市場動向】特殊製法塩・輸入塩の最新動向
  4. 【支援技術】混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向
  5. 品質管理のための水分活性・pH測定計
  6. 【12月号】錠剤化のための添加剤の開発と利用
  7. 支援技術レポート 高効率・余剰汚泥制御の新規活性汚泥システム
  8. 【4月号連載】産学官シリーズ58機能性が注目される神奈川県の農水…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP