未分類

【市場動向】多価不飽和脂肪酸(PUFA)の市場動向

欧米ではもともと多価不飽和脂肪酸の栄養素としての認知がわが国に比べて高いが、それに加えてヘルスクレームにより機能性表示ができるようになったことから、ω-3系素材としてフラックスやフィッシュオイルが確実に市場を伸ばしている。


一方、わが国ではDHA・EPAなど成分個々の機能で注目され、メタボリック対策や脳機能改善効果で注目されるものの、ここ数年市場は横バイで推移している。
本稿では、これら一連のPUFA素材の市場動向を追った。
続きは「食品と開発」7月号で
≪主なサプライヤー≫
アルプス薬品工業
エル・エスコーポレーション
太田油脂工業
ケニー
光洋商会
サミット製油
サントリー
タマ生化学
DHA・EPA協議会
トーメンケミカル
日本製粉
ハリマ食品
ビー・インターナショナル
マルハニチロ食品
森村商事
横関油脂工業

関連記事

  1. 産学官連携のための地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研…
  2. 【支援技術】製造プロセスおよび環境対策で用途拡がる分離・ろ過技術…
  3. 乳化剤市場の最新動向
  4. 味・匂いのセンシング
  5. 大腸に関する正しい知識と対策意識の向上を目的に、「大腸劣化」対策…
  6. 【品質安全】食品品質管理システムと表示・記録関連技術
  7. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  8. 【11月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP