未分類

【支援技術】混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向

食品・飲料分野における混合・撹拌、乳化・分散技術は、減圧・加圧、加熱・冷却などの多機能に加えて、自動化・省力化仕様、HACCP等に対応したサニタリー仕様など、市場ニーズに対応した装置開発がなされてきている。混合・撹拌装置は、製菓・製パン・製麺などの専用機から撹拌子の改良や2軸化等の新機種の開発、サニタリー性に優れた先端的タテ型ミキサーの浸透により、惣菜、水産関連、納豆、味噌、ドレッシングなど様々な食品へと用途が拡大している。また乳化・分散装置は、基本技術をベースに高精度・微細化ニーズに対応したナノ乳化を実現する高圧システムやエネルギー効率を高めるための複合技術など、革新的な技術提案の動きも始まっている。
 本稿では、混合・撹拌、乳化・分散装置メーカー各社の最新動向を紹介。


■食品の新プロセス・新商品開発に貢献する混合・撹拌、乳化・分散装置メーカー■
■混合・撹拌装置
イズミフードマシナリ
大阪サニタリー金属工業協同組合
関東混合機工業
極東貿易
ノリタケエンジニアリング
■乳化・分散装置
GEA ウエストファリアセパレータージャパン
カジワラ
日本APV

関連記事

  1. 【市場動向】ビタミンの最新市場動向
  2. 食品産業における異物混入対策
  3. クローズアップ
  4. 【分析計測】電子天びんの最新動向
  5. 【品質安全】最新の食品成分分析技術
  6. 【品質・安全対策】安全性(危害物質)の受託検査サービス
  7. 健康・天然志向で注目される野菜・果実原料
  8. 【10月号】食品開発展2012盛況裏に閉幕 Hi出展企業紹介

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP