未分類

【6月号】PCでの油脂劣化の迅速モニタリング

~品質安定化と経済効率、衛生面からも注目~

■高まる油脂のモニタリングニーズ

 一昨年の食用油脂の価格の高騰を発端に、油脂を自主管理でチェックするための機器・資材の動きが引き続き好調だ。油脂によってばらつきはあるが、今後油脂原料のタイト感は否めない状況で、油脂のモニタリングによる効率的利用は、品質の安定化だけでなく経済的にも環境的にもユーザーの大きな課題だ。

■ 極性化合物測定装置の開発動向

 欧州では油の劣化指標をPC(極性化合物量)に定めている国が多い。スペイン、フランスは既にレギュレーション化されており、万一食中毒などの事故を起こすといった最悪の事態に至った場合、重い罰則を課せられる可能性もある。

 今回は、ハンディタイプのPC測定装置を販売するテストー(独testo AG 社製)とプランシュール・ジャパン(独ebro社製)の2社を取材。ドイツをはじめ欧州で豊富な納入実績をもつ両社の我が国におけるPC測定の普及現状や製品特長などについて聞いた。

●デジタル食用油テスター「testo 270」
  ㈱テストー ゼネラルマネジャー 野中道孝氏
●オイルモニター「FOM310」
  ㈱プランシュール・ジャパン セールスエンジニア 加藤貴久氏

関連記事

  1. CLOSE UP
  2. ビタミン市場の最新動向
  3. ●狂牛病に学ぶ危機管理の問題
  4. 【特別レポ】製パン用酵母「美の和酵母」の開発と遺伝子解析
  5. 【9月号】食品工場の洗浄・除菌剤と清浄度モニタリング
  6. 【10月号のおすすめ】安全性の受託検査サービス
  7. 【2月号】スポーツフード素材の市場動向
  8. CLOSE UP

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP