未分類

【1月号】大豆由来の機能性素材の最新動向

 大豆の栄養価の高さは古くから知られているが、06年に発売された「SOYJOY」(大塚製薬)の好調さに象徴されるように、昨今改めて大豆の良さが見直されてきている。農林水産省の「豆乳等生産量等調査」によると、豆乳の生産量は、調査開始後過去最高を記録した05年以降、下降トレンドであったが09年より回復してきており、10年は05年の生産量217,042kLを凌ぐ勢いで推移している。


 SOYJOYの好調にみられるように、今再び大豆およびイソフラボンやサポニン、ポリアミンなどの大豆由来の機能性素材が見直されており、上限摂取量の議論で一時落ち込んだ大豆イソフラボンは「体感性に優れた素材」として、美容、更年期障害の緩和、骨粗鬆症改善素材として女性や中高齢者をターゲットとしたマーケットで注目を集めている。本稿では、大豆由来の機能性素材の健康機能を中心にみていく。

<主なサプライヤー>

●大豆イソフラボン
J-オイルミルズ
フジッコ
●大豆サポニン
J-オイルミルズ
●ビタミンK2
J-オイルミルズ
●黒大豆種皮抽出物
フジッコ
●ポリアミン
コンビ

関連記事

  1. 【支援技術】食品産業における殺菌技術と装置開発
  2. 【品質・安全対策】FOOD ITソリューションの最新動向
  3. 【9月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(35)
    機能…
  4. 機能性研究レポートⅡ
  5. 【7月号】美容・アンチエイジング素材の市場動向
  6. 【支援技術】食品産業における除菌・消臭のためのオゾンの利用動向
  7. 【市場動向】食用色素の市場動向
  8. 生産管理ソリューションとトレーサビリティシステム

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP