未分類

画像処理システムの最新動向

製造物責任(PL法)や消費者の多様なクレームに対応した社会的な責任が問われる中で、製品の信頼性の高さが企業の社会的な評価を決定する基本的な指標になっている。製品の信頼性の確保には、様々なファクターが考えられるが、なかでも欠陥の有無や的確な品質表示は、製品の信頼性に直結する。食品分野においてもこの1、2年、異物混入事故や虚偽表示が社会問題となり、営々と築いてきた企業の信頼が瞬く間に失墜し、企業生命さえ揺るがす事態が起こっている。こうした中で、改めてクローズアップされているのが精度の高い検査、品質管理を実現する画像処理技術である。本稿では、食品の異物混入問題、JAS法改正案等の動きを踏まえ、多様化・高度化する検査ニーズに対応した画像処理システムの最新動向を紹介する。


●注目の画像処理システム
アームスシステム(株)
(株)キリン テクノシステム
(株)スタビック
(株)マイクロ・テクニカ

関連記事

  1. 【HACCP支援】食品機械用潤滑剤(油)
  2. 生産管理システムとトレーサビリティシステム
  3. 食品産業における温度管理技術
  4. 食品産業のISO認証取得動向
  5. 顕微鏡と画像処理機器の開発
  6. 【特別レポ】機能性食品成分の体内利用率の解明―ポリフェノールを中…
  7. 【臨時増刊】「機能性食品の展望」を年間購読で差し上げます!
  8. 大豆由来健康素材の開発と利用

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP