企業ニュース

IgG含有濃縮乳清タンパク、感染症予防を確認 アオテアロア

(株)アオテアロア(東京都中央区)は、「食品開発展2018」に出展し、独自原料の濃縮乳清タンパク『IgG25+免疫ミルク』の感染症予防と治療に対する有用性についてプレゼンセミナーを行った。

健康産業新聞アオテアロアa

同原料は、ニュージーランドオタゴ大学イノベーションセンターとアオテアロア関連会社が長年にわたり機能性研究を進め開発したもので、1gあたり、IgG250mg以上、s-lgA7.5mg以上、ラクトフェリン5m以上を含有する。順天堂大学医学部微生物学講座の原京子准教授は、同原料は生乳から生成され初乳と同等以上の効果が期待できると述べた。同氏は、『IgG25+免疫ミルク』を投与したマウスでは、抗酸菌症のMAC菌において肺中の菌数増加がみられなかった研究成果を報告。免疫が低下した高齢者の肺炎の予防につながると説明した。O-157、サルモネラ菌などの感染予防効果もあるとした。『IgG25+免疫ミルク』が腸管出血性大腸菌O-157に対する抵抗性を1,000倍以上高める効果があったことを示し、発症予防の機序として、「『IgG25+免疫ミルク』は大腸菌O157の腸管上皮への定着を阻止すると推測される」と話した。

また、非結核性抗酸菌症が7年で2.6倍に増加していることを説明し、「非結核性抗酸菌症などの呼吸器感染症にも有効性がある」との見解を示した。

本記事は「健康産業新聞 1654号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
⇒健康産業新聞「企業ニュース」一覧
・【連載/話題追跡】好調続く「大人向け粉ミルク」 シニアマーケットに商機

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a

2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください⇒詳細はこちら!

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞ロゴ01
  2. 健康産業新聞ロゴ01
  3. 健康産業新聞地理的表示GI01

企業ニュース

  1. 健康産業新聞1646ユーグレナ01

特集

  1. 健康産業新聞1656スポーツニュートリション02
PAGE TOP