企業ニュース

2018年9月期、売上高224.4億円 機能性表示食品関連事業が伸長 -東洋新薬-

(株)東洋新薬(本社:福岡市博多区、広報室:東京都千代田区)は、23期目となる2018年9月期のグループ売上高が224億4,000万円だったことを発表した。昨年と決算期を変更したため、21期との比較では129.1%だった。

本紙の取材に対し、同社専務取締役の垣欣也氏は、「機能性表示食品の受託製造業務の増加や届出製品の中にヒット商品が生まれている点、また大手企業からは、葛の花由来イソフラボンやフラバンジェノール®、ターミナリアベリリカなど届出実績のある独自素材の採用が増加している点などが好調の要因」と述べた。

同社では、機能性表示食品に対応可能な独自素材のエビデンス構築に加え、SRにおいても独自の評価基準を設け、論文選択から内容分析、データの有効性・安全性の多角的な検証まで、科学的根拠の裏付けには徹底した取り組みを実践している。さらに届出後も有効性・安全性に関する研究を継続し、エビデンスデータを積み上げる作業も行っているという。垣専務は「機能性表示食品制度への取り組みや、当社のエビデンスに向き合う姿勢が、大手企業に評価頂いた結果だ」とコメント。

2019年度については、「採用件数が増加しているターミナリアベリリカなど、独自の新素材が売上に貢献していくだろう」とし、2019年6月に鳥栖市の新工場「インテリジェンスパーク」を竣工させる予定で現在準備を進めていることも明らかにした。

本記事は「健康産業新聞 1656号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・【機能性表示食品】1,400品突破、「血管」「活気」受理 オーラプテンやルテオリン等、新成分も
・「機能性表示食品」摂取経験4人に1人、課題は“認知度” -消費者庁-
・「規制改革実施計画」閣議決定 食薬区分・機能性表示食品の運用改善求める

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞ロゴ01
  2. 健康産業新聞ロゴ01
  3. 健康産業新聞地理的表示GI01

企業ニュース

  1. 健康産業新聞1646ユーグレナ01

特集

  1. 健康産業新聞1656スポーツニュートリション02
PAGE TOP