企業ニュース

キトグルカンとシャンピニオン、機能性表示受理 リコム

㈱リコム(東京都豊島区、03-3988-3015)は、柱素材である「キトグルカン」と「シャンピニオンエキス」を配合した商品が機能性表示食品としてダブル受理されたと発表した。受理されたのは、同社の「シャンピニオン爽粒」(D601)と、同社100%子会社である㈱エムディエフの「キトヘルス」(D602)。
前者はマッシュルーム抽出物「シャンピニオンエキス」(機能性関与成分名:マッシュルーム由来ポリフェノール)を含み、「腸内腐敗産物として知られているアンモニア、p-クレゾールを減らすことで、腸内環境を良好にすることが報告されています」との表示で受理された。
後者はエノキタケ抽出物「キトグルカン」(同:エノキタケ由来脂肪酸)を含み、「肥満気味な方の、内臓脂肪・体重・BMIを減少させる機能があることが報告されています」との表示で受理となった。2 品とも、日本抗加齢協会による事前点検を受けてから届出を行っている。リコムでは受理を受けて、機能性表示食品対応素材としての展開を行っていく方針だ。

 

本記事は「健康産業新聞 1668号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

 <関連記事>

甘酒にセラミドをプラス『甘酒』 -養命酒製造-

セラミド配合機能性表示食品 受理商品一覧 (2018年3月28日現在)

【特集】「セラミド」美容、保湿素材で存在感 主役原料として脚光

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

 

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1951-食品開発展a
PAGE TOP