企業ニュース

総医研HD増収増益、イミダペプチド好調続く

総医研ホールディングスの今年6月期の連結業績は、売上高41億4700万円となり、前期比29%増となった。また営業利益は同45%増の2億6400万円で、増収増益となった。


担当者によれば、「増収のほとんどの部分は『イミダペプチド』の定期購入者増によるもの」ということで、「(定期購入者数は)約34%伸びた」としている。

『イミダペプチド』は「日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽減する」との表示で機能性表示食品となっている。「高齢者を中心にリピーターが多い」とのことで、「広告に対するレスポンスもよく、今後も定期購入者の増加は続くものと考えている」(担当者)としている。

総医研ホールディングス 決算短信


購読者限定無料セミナー「健康食品・化粧品分野のメーカーに特化した越境EC最前線」17年9月7日

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞164404

企業ニュース

  1. 健康産業新聞ロゴ01

特集

PAGE TOP