ヘッドラインニュース

総務省 07年1月期の家計調査 健食支出の減少続く 13ヵ月連続で前年割れ

 2007年に入っても健康食品の支出額が下げ止まらず、13ヵ月連続で前年割れとなったことが、総務省が9日に発表した家計調査結果で判明した。史上初の市場縮小に追い込まれた2006年が明けたことで、景気が上向くとの期待がもたれていたが、同調査では、消費者が依然として買い控えを続けていることがわかった。→続きは『健康産業速報』第1110号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. サラリーマンの4割にダイエット経験…でも6割弱が失敗
  2. クランベリーがアトピー性皮膚炎に有効
  3. 厚労省・北島室長、健康博覧会で緊急講演
  4. 食総研、研究成果展示会に700人
  5. 日健栄協、新特保制度でQ&A集
  6. フランス、サプリ市場15%拡大  ダイエット健食が人気
  7. エキナセアに風邪予防効果、メタ解析で実証
  8. 栄養改善学会、27日から徳島で 女性の痩身願望に警鐘
PAGE TOP