ヘッドラインニュース

総務省 07年1月期の家計調査 健食支出の減少続く 13ヵ月連続で前年割れ

 2007年に入っても健康食品の支出額が下げ止まらず、13ヵ月連続で前年割れとなったことが、総務省が9日に発表した家計調査結果で判明した。史上初の市場縮小に追い込まれた2006年が明けたことで、景気が上向くとの期待がもたれていたが、同調査では、消費者が依然として買い控えを続けていることがわかった。→続きは『健康産業速報』第1110号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 農水省 加工食品の表示規制 業者間取引も対象に 健食業界にも影響…
  2. ビタミン学会、27日から徳島で VC等の有効性を報告
  3. リコム、メタボ対応特保申請へ
  4. 議連「健食問題研究会」、消費者代表の見解に反論
  5. 18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ
  6. 宝ホールディングス、機能性食品事業を再編 新会社を設立
  7. 特保再審査手続きで問題提起
  8. ルナ再建へ、スポンサーに山田養蜂場
PAGE TOP