ヘッドラインニュース

ピロリ菌発見のマーシャル氏らにノーベル賞

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2005年のノーベル生理学・医学賞をオーストラリアのバリー・J・マーシャル氏とJ・ロビン・ウォレン氏に授与することを決定したと発表した。授賞理由は、「ヘリコバクター・ピロリ菌とその胃炎・消化性潰瘍疾患における役割」に関する発見。

関連記事

  1. 九州沖縄農業研究センター、カンショのルテインを分析
  2. CoQ発見者が来日、国際カンファレンス開催
  3. 欧州食品安全機関 ビタミン等で評価報告書
  4. リケン社長に石原二郎氏
  5. 健食新制度、来年度実現へ
  6. 「サミー」の受理、業界で話題に
  7. 厚労省、イグサ青汁の扱いで回答 食薬区分判定は持ち越し
  8. 50代の2割がサプリ摂取、厚労省が初の中高年者縦断調査
PAGE TOP