ヘッドラインニュース

乳がん患者が利用する健食、プロポリスがトップ

国立がんセンターのがん予防・検診研究センターは21日、第5回「がんの予防と検診に関する講演会」を都内で開催、100人以上が参加した。(中略)3月から8月にかけて、乳がん患者約120人を対象に行った代替医療の利用状況調査の中間結果を紹介した。それによると、代替医療に対して興味を持っていた人は約8割。健食素材ではプロポリスの利用率が最も高く、次いでアガリクス、ビタミンC、メシマコブ、青汁、AHCC、プロテイン―などと続く。→続きは「健康産業速報」第1062号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 国内3社の牛骨ゼラチン、経産省助成事業で安全性立証
  2. 16年度国民医療費、過去最高の32兆1111億円に
  3. カテキンの摂取、抗癌剤の作用増強
  4. NARO、乳酸菌の老化抑制作用の解明へ
  5. 特保制度、存続へ
  6. がんセンター、「代替療法ガイドブック」作成へ
  7. ミツバ貿易、サージ供給量が急増
  8. 香港で「ナチュラルヘルスフェア」盛大に
PAGE TOP