ヘッドラインニュース

乳がん患者が利用する健食、プロポリスがトップ

国立がんセンターのがん予防・検診研究センターは21日、第5回「がんの予防と検診に関する講演会」を都内で開催、100人以上が参加した。(中略)3月から8月にかけて、乳がん患者約120人を対象に行った代替医療の利用状況調査の中間結果を紹介した。それによると、代替医療に対して興味を持っていた人は約8割。健食素材ではプロポリスの利用率が最も高く、次いでアガリクス、ビタミンC、メシマコブ、青汁、AHCC、プロテイン―などと続く。→続きは「健康産業速報」第1062号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 内科学会など8学会 内臓脂肪症候群の診断基準を発表
  2. 1247号(2008年7月23日号)配信
  3. 「健康博覧会」「東京ヘルスコレクション」 6月7~9日開催
  4. 厚労省 既存添加物名簿、4月にも改正
  5. 神奈川県警、薬事法違反容疑で健食販売企業の2人を逮捕
  6. 熊本地震、物流面で影響も 各社復旧に向け準備
  7. 日本雑穀協、「雑穀エキスパート」を養成
  8. 健康博覧会が閉幕、3日間で4万6822人が来場
PAGE TOP