ヘッドラインニュース

乳がん患者が利用する健食、プロポリスがトップ

国立がんセンターのがん予防・検診研究センターは21日、第5回「がんの予防と検診に関する講演会」を都内で開催、100人以上が参加した。(中略)3月から8月にかけて、乳がん患者約120人を対象に行った代替医療の利用状況調査の中間結果を紹介した。それによると、代替医療に対して興味を持っていた人は約8割。健食素材ではプロポリスの利用率が最も高く、次いでアガリクス、ビタミンC、メシマコブ、青汁、AHCC、プロテイン―などと続く。→続きは「健康産業速報」第1062号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 10月の健食通販売上高4.7%増
  2. 米団体、「サプリで医療費削減可能」 5年で240億ドル
  3. CRN‐J勉強会、大濱氏「法制化の機運は最高」
  4. 大麦発酵研究所、健康酢がヒット
  5. ブラックコホシュの活性成分、85年間不変
  6. 消費者庁、放射能対策表示を監視
  7. キリンとヤクルト、新会社を設立 「新時代の健食事業を創造」
  8. 青汁市場、店舗ルート好調 機能性青汁や飲料等人気
PAGE TOP