ヘッドラインニュース

都健康安全研究センター ブルーベリー健食を調査 一部商品で有効成分不足

 店頭で販売されているブルーベリー健康食品の成分含有量はおおむね表示値通りだが、一部でアントシアニンが検出されない製品や、ビルベリーとは異なる原料を使用している製品があることが、東京都健康安全研究センター食品科学部食品添加物研究科・石川ふさ子氏らの研究班の調査でわかった。→続きは『健康産業速報』第1117号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 富士バイオメディックス 森谷健康食品を子会社化 
  2. カルシウムの疾病リスク低減型特保、食品安全委の評価不要へ
  3. 食品表示の一元化 健食表示など組み込みへ
  4. グレープシード・カンパニー、ブドウ種子エキス末で日本市場開拓
  5. メタボ症候群、認知度が急上昇 オムロンヘルスケア調査
  6. 「サミー」の受理、業界で話題に
  7. 経産省支援事業、各地で健康産業振興 特保開発も
  8. 食品安全委、ブナハリタケ特保「安全性問題なし」
PAGE TOP