ヘッドラインニュース

サントリー、ウイスキー成分で糖尿病合併症予防

 サントリーは3日、ウイスキーから糖尿病合併症予防成分として、ポリフェノール類の一種である「エラグ酸」を単離したと発表した。先月開催の日本糖尿病学会で報告した。同社では、この成分を含む食品の長期摂取により、糖尿病合併症の発症を抑制する効果が期待できるとしている。

関連記事

  1. カネボウ、デトックス技術を開発 「生薬と微量栄養素で効果増強」(…
  2. RJ公取協が20周年式典、130人が参加
  3. 長崎県、健食訪販企業に行政処分
  4. グレープシード・カンパニー、ブドウ種子エキス末で日本市場開拓
  5. CoQ協、研究会に160人
  6. 癌学会、14日から札幌で CoQ10に抗がん作用
  7. CoQ10配合の酒が登場 サントリーから
  8. 中医協 医療機関での栄養食品販売 解禁に向け前進
PAGE TOP