ヘッドラインニュース

サントリー、ウイスキー成分で糖尿病合併症予防

 サントリーは3日、ウイスキーから糖尿病合併症予防成分として、ポリフェノール類の一種である「エラグ酸」を単離したと発表した。先月開催の日本糖尿病学会で報告した。同社では、この成分を含む食品の長期摂取により、糖尿病合併症の発症を抑制する効果が期待できるとしている。

関連記事

  1. アリピュア事務局、化粧品用途解禁でα-リポ酸セミナー
  2. 機能性表示「溶出試験」に課題、エキスは「相当の検討必要」
  3. ローヤルゼリー市場規模 3%増の520億円に 輸入量、800トン…
  4. 機能性成分、遺伝子要因で効果変動
  5. 米CRN調査、米国民の68%がサプリを利用
  6. 厚生労働科学研究 健食の有効性評価法示す 「成長期ラット」実験等…
  7. 大阪府、因果関係不明でも健康被害情報を公表 11月から
  8. 都、来年度予算要求 引き続き健食対策も
PAGE TOP