ヘッドラインニュース

米団体、「サプリで医療費削減可能」 5年で240億ドル

 米DSEA(ダイエタリーサプリメント教育連合)は3日、サプリメント利用によって今後5年間に240億ドル(約2兆9000万円)以上の医療費を削減できると発表した。この研究は、カルシウム+ビタミンD、葉酸、オメガ3系脂肪酸、ルテイン+ゼアキサンチンの4品を対象とした文献の系統的レビューによる試算。→続きは『健康産業速報』第1125号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 食品安全委、花王のヘルシアコーヒー審議で追加資料要求
  2. サッポロビール、大麦粉末の原料供給を開始
  3. α-リポ酸の誤飲による猫の中毒問題、「ヒトには影響なし」
  4. 本紙セミナー 健食企業のネット活用術
  5. 埼玉県、中国製健食で健康被害
  6. 健食「送りつけ」2.6倍 東京都の消費者相談
  7. 特別用途食品検討会が中間報告  健食業界への影響は限定的に
  8. 上半期・健食受託実態調査、増収4割・減収4割
PAGE TOP