ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 健食の有効性評価法示す 「成長期ラット」実験等有用

 健康食品の有効性を評価するための方法を示す平成18年度の厚生労働科学研究報告書がまとまった。主任研究者は日本大学教授の上野川修一氏。研究班では、健康食品に対する国民の関心が高まるなか、「科学的根拠には不確かなものがあることや、厳正な有効性の評価方法が存在しないなどの問題点がある」ことを指摘。→続きは『健康産業速報』第1128号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 米、3割の子どもがサプリ利用 マルチビタミンが人気
  2. アートネイチャー、フラバンジェノールで育毛サービス
  3. 「食品機能表示研究会」発足 新たな栄養表示を提案 抗酸化の指標「…
  4. 消費者庁、ネット広告で報告書案
  5. 経団連、「機能性表示の規制緩和を」
  6. 京都府立医大、新規のクロレラ株を発見
  7. 日健栄協、特保情報公開で陳情書
  8. 食品開発展 記念セミナー32講座が決定
PAGE TOP