ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 健食の有効性評価法示す 「成長期ラット」実験等有用

 健康食品の有効性を評価するための方法を示す平成18年度の厚生労働科学研究報告書がまとまった。主任研究者は日本大学教授の上野川修一氏。研究班では、健康食品に対する国民の関心が高まるなか、「科学的根拠には不確かなものがあることや、厳正な有効性の評価方法が存在しないなどの問題点がある」ことを指摘。→続きは『健康産業速報』第1128号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 脂肪排出素材で“効果アリ” リコム、「キトグルカン」の作用証明
  2. 日本経団連 食品表示、自由化を再要求
  3. バイオアクティブズ、カロテノイド原料の供給開始
  4. アロエベラ飲料から「ベンゼン」検出 厚労省が回収要請
  5. 光洋商会、アイケア新素材「ゼアゴールド」を上市
  6. 通販協調査、健食含む「食料品」売上が回復
  7. 北海道のバイオ関連企業、健食に高い関心
  8. 香川県で免疫機能性食品の研究開発スタート
PAGE TOP