ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 健食の有効性評価法示す 「成長期ラット」実験等有用

 健康食品の有効性を評価するための方法を示す平成18年度の厚生労働科学研究報告書がまとまった。主任研究者は日本大学教授の上野川修一氏。研究班では、健康食品に対する国民の関心が高まるなか、「科学的根拠には不確かなものがあることや、厳正な有効性の評価方法が存在しないなどの問題点がある」ことを指摘。→続きは『健康産業速報』第1128号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「4.13事務連絡」の明確化、内閣府担当室が厚労省に検討要請
  2. 富士経済調査、ポストCoQ10となる素材は?
  3. 厚労省 「規格基準型特保」第一弾決定
  4. 食品安全委 リスク評価対象を絞り込み 白金ナノコロイドの情報収集…
  5. 健食原材料価格など上昇 コストアップ深刻に 利益圧迫、受託企業に…
  6. 06年前半・健食受託市況 3割の企業が経営悪化
  7. 理研ビタミン、「メカブフコイダン」でインフルエンザ予防
  8. 16年のDgS健食販売額 1.3%増の1930億円
PAGE TOP