ヘッドラインニュース

04年度通販売上高 9%増で3兆円突破

 (社)日本通信販売協会(正会員416社)は15日、2004年度の通販業界全体の売上高推計が3兆400億円になったと発表した。前年度の2兆7900億円からさらに2500億円上乗せして3兆円を突破、調査開始以来の最高額を記録した。伸び率は前年度比9.0%増で、1991年以降の伸び率としては最高値となった。商品群では、一般食品、健康食品、化粧品の伸びが目立った。  多数の商品を扱う総合通販企業と、ワンカテゴリーの商品に注力する単品通販企業を比較すると、前者が前年度比2.0%減だったのに対し、後者は同9.3%増と差異があった。健康食品企業でも、香醋やにんにく卵黄などを扱うやずやや、ローヤルゼリーを中心とする山田養蜂場など、「商品を絞り込んだ企業が伸びている」(通販協)としている。ダイエット食品に特化して成功を収めている企業もあるという。

関連記事

  1. 機能性表示「エキス」追加案 結論先送り、18日再検討
  2. 菅俣粉体工業、50種類以上の有機JAS原料調達
  3. カテキンの摂取、抗癌剤の作用増強
  4. スクワラン、スクワレンの原料価格が高騰
  5. 食品産業センター、12月に食品表示セミナー
  6. 都、連鎖販売業者に初の取引停止命令
  7. スギ薬局とイオン、業務・資本提携を解消
  8. カネカ、米CoQ10製造設備が来夏完成予定
PAGE TOP