ヘッドラインニュース

DgSに健食ブームの反動影響、今後は回復との見方も

 多くのDgSの業績にコエンザイムQ10などの健康食品ブームの反動が影響を及ぼしている。全体の売上高は増収となった企業が多いものの、2月、3月に決算期を迎えた一部DgSの決算短信には、「健康食品の需要低迷」「健康食品ブームが一巡」「健康食品の大ヒットがなく」「健康食品ブームを妨げる社会的事象が発生し需要が減少した」といった文言が並ぶ。→続きは『健康産業速報』第1129号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 農水省の地域おこし事業、機能性食品の販路拡大支援
  2. 日健栄協、林理事長による新体制発足
  3. 17年度健食買上調査 国内初の違法成分を検出 強壮系ニセ薬、依然…
  4. 栄養機能食品、規格基準値見直しへ
  5. 自民党、参院選公約に「機能性食品の開発・商品化」
  6. 林原のスポンサーに長瀬産業
  7. 米裁判所、FDAのエフェドラ規制を支持
  8. CRN、「自主点検第三者認証」提言
PAGE TOP