ヘッドラインニュース

厚労省 4・13事務連絡の62用語 「疾病名を連想」なら違法 従来通りの対応を強調 

 厚生労働省の4月13日付事務連絡「いわゆる健康食品について」が業界に混乱を招いたことから、同省監視指導・麻薬対策課の村上貴久課長は13日、CRN JAPANの勉強会に出席し、初めて公の場で説明した。村上課長は今後とも表示と販売方法などとの総合判断という従来方針を踏襲する考えを強調。→続きは『健康産業速報』第1136号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協 葉酸表示で行政に要望書
  2. アガリクス臨床試験、国際協力も視野 厚労省研究班
  3. 新開発食品保健対策室の責任者に増田氏が就任 室長ポストは空席に
  4. 都、健食専門委が最終会合 健食の枠組作りにも言及
  5. くまもとテクノ産業財団、九州に健食受託機関を設立
  6. 4・13事務連絡、解釈をめぐり都道府県に温度差
  7. 国立栄研、健食データベースの情報提供を業界に依頼
  8. 食品安全委 アガリクス問題で調査会 試験結果、8月にも報告 安全…
PAGE TOP