ヘッドラインニュース

厚労省、新特保制度で中間報告

厚生労働省は10月28日付で、「新特定保健用食品制度に関する基準等策定のための行政的研究」の中間とりまとめを公表、条件付特保の審査基準、規格基準型特保の対象成分などを明確に示した。厚労省では今後、パブリックコメントの募集を行い、今月中旬以降に開催予定の薬事・食品衛生審議会に報告、年内の施行を目指す。

関連記事

  1. 「関東日健フーズ」設立
  2. 消費者庁、機能性表示検討会 健康被害等で対応方針
  3. アピ、便秘改善する機能性食品開発へ 特保取得も視野
  4. 東京都 都民の健康・栄養状況 VEの3割、健食から摂取
  5. 08年度コラーゲン販売量、1割増の4793トン
  6. 農水省、「健食開発で医療費7.5兆円削減」
  7. 理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見
  8. 議連「健食問題研究会」、健食認証システムを議論
PAGE TOP