ヘッドラインニュース

06年人間ドック全国集計 「異常なし」過去最低の11% メタボ関連上位に

 日本人間ドック学会は24日、2006年に人間ドックを受診した約295万人の全国集計結果を発表、異常がなかった割合は全体の11・4%で、前年の12・3%からさらに低下、過去最低になったことがわかった。人間ドック受診者の88・6%になんらかの異常を認めたことになる。→続きは『健康産業速報』第1156号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 20~30代の日本人、3割弱がサプリで風邪に対処
  2. 食物繊維の定義が変わる? コーデックスで新提案
  3. 食品安全委 リスク評価対象を絞り込み 白金ナノコロイドの情報収集…
  4. バイブル本事件、健食販社社長ら起訴事実認める
  5. 出生数また減少 110万人で過去最低
  6. α-リポ酸の誤飲による猫の中毒問題、「ヒトには影響なし」
  7. 規制改革要望、特保検査業務の都道府県への委譲求める
  8. ミツバ貿易、サージ供給量が急増
PAGE TOP