ヘッドラインニュース

06年人間ドック全国集計 「異常なし」過去最低の11% メタボ関連上位に

 日本人間ドック学会は24日、2006年に人間ドックを受診した約295万人の全国集計結果を発表、異常がなかった割合は全体の11・4%で、前年の12・3%からさらに低下、過去最低になったことがわかった。人間ドック受診者の88・6%になんらかの異常を認めたことになる。→続きは『健康産業速報』第1156号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 総合健康開発研究所、抗眼精疲労効果測定する試験サービス開始
  2. 花王の「ヘルシアコーヒー」、食品安全委の評価スタート
  3. 消費者庁、健食表示検討会がスタート
  4. 特保、総数800品目突破
  5. 厚労省研究班、特別用途食品制度の見直し案示す
  6. 味の素、「アミノ酸が睡眠の質を改善」
  7. アムスライフ、自然食品販売の正直村を子会社化へ
  8. 食品開発展、10月14日開幕
PAGE TOP