ヘッドラインニュース

06年人間ドック全国集計 「異常なし」過去最低の11% メタボ関連上位に

 日本人間ドック学会は24日、2006年に人間ドックを受診した約295万人の全国集計結果を発表、異常がなかった割合は全体の11・4%で、前年の12・3%からさらに低下、過去最低になったことがわかった。人間ドック受診者の88・6%になんらかの異常を認めたことになる。→続きは『健康産業速報』第1156号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. NIH、サプリ年鑑にイチョウやエキナセアなど収載
  2. 厚労省、成分表示方法で通知 区分記載を周知徹底
  3. 厚労省 食薬区分改正案で意見募集
  4. 健康寿命延伸へ、ヘルスケア市場創出を 経産省・江崎氏
  5. 民主党、「健康食品法」の立法化検討
  6. 8月6日の健食安全性検討会 4業界団体が意見陳述へ 効能表示の検…
  7. 1233号(2008年6月3日号)配信
  8. 「αリポ酸協会」が設立
PAGE TOP