ヘッドラインニュース

06年人間ドック全国集計 「異常なし」過去最低の11% メタボ関連上位に

 日本人間ドック学会は24日、2006年に人間ドックを受診した約295万人の全国集計結果を発表、異常がなかった割合は全体の11・4%で、前年の12・3%からさらに低下、過去最低になったことがわかった。人間ドック受診者の88・6%になんらかの異常を認めたことになる。→続きは『健康産業速報』第1156号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 東京都 健食講習会に980人 商品説明資料で薬事法違反も 表示規…
  2. ILSI国際会議、カプサイシンの肥満予防効果を報告
  3. 経団連 政府に規制改革要望 健食表示の拡充迫る 4・13事務関連…
  4. 日健栄協、GMPコンサルタント業務を開始
  5. 総務省 家計調査4月 健食支出額、増加傾向に 前年同月比はマイナ…
  6. 厚労省、「健康日本21」テコ入れ 達成目標を21項目に集約
  7. 「リパミンPS」、米FDAよりGRAS取得
  8. 国際戦略総合特区 機能性食品関連も
PAGE TOP