ヘッドラインニュース

沖縄産学官共同研究、パインアップル未利用部分から健康酢

 農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センターは14日、パインアップルの未利用部分を活用した機能性パイン酢を開発したと発表した。平成18年沖縄産学官共同研究推進事業の研究成果によるもので、同センター、名護パイナップルワイナリー、沖縄県農業研究センター名護史書が共同で実施した。→続きは『健康産業速報』第1162号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日清ファルマなど、ピロリ菌の胃への接着因子を解明
  2. 北海道バイオ工業会、国へ機能性表示を要望
  3. 厚労省 スギ花粉健食問題 注意喚起表示を指導 「減感作療法」目的…
  4. 元NIH・シャウス氏が来日 「代替医療に大きな可能性」
  5. 内閣府調査、メタボ症候群「言葉知っている」9割超える
  6. 15年度サプリ支出0.4%増 3月大幅増、プラスで着地
  7. 食品免疫学会、来月18日に第1回総会
  8. 民主・前田議員 衆院で厚労省の責任追及 「4・13」の経済損失調…
PAGE TOP