ヘッドラインニュース

栄養ケアステーション 機能性食品販売を推進 特定健診制度スタートを受け

 「08特定健診制度の導入と健康産業の可能性」(主催・CMPジャパン)が13日、都内で開催され、160人を超える業界関係者が参加した。来年4月からスタートする特定健診制度は、メタボリック症候群の該当者と予備群を抽出し、保健指導の必要度に応じて3層の保健指導プログラムを実施し、生活習慣病有病者・予備群を減らすことを目指す。→続きは『健康産業速報』第1161号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省研究班、「アガリクスのカドミウム対策必要」
  2. 17年輸入食品監視統計、健食の違反は15件
  3. ケンコーコム、通期業績予想を下方修正
  4. 特保申請、記載不備など目立つ
  5. 「食とメタボ」シンポに230人
  6. 「機能性表示」届出ガイドライン改正、1日からオンライン化 消費者…
  7. 台湾産RJから抗生物質 厚労省、検査命令へ
  8. 1240号(2008年6月27日号)配信
PAGE TOP