ヘッドラインニュース

米調査会社、20年の健食世界市場2250億ドルに

米調査会社のフロスト&サリバンは、インドネシアで健康産業市場が拡大しており、波及効果によって2020年の世界の健食市場が2250億ドルに拡大するとの推計を示した。


調査によると、インドネシアの国民総生産(GDP)における医療費の割合が上昇しており、20・・・
(続きは本紙で。) 購読案内へ

関連記事

  1. 栄養成分表示で抜本改正
  2. 統合医療議員連盟、100億円の予算確保目指す
  3. 大正製薬、ヤヨイ食品と業務提携へ 健食・特保など共同開発
  4. 内臓型肥満の危険信号、「男性でウエスト85cm以上」
  5. 静岡工業技術センター、抗ストレス食品を開発へ
  6. 厚労省・食品安全推進官の増田氏、「健食は補助的なもの」
  7. キダチアロエに抗がん作用
  8. 健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か
PAGE TOP