ヘッドラインニュース

米調査会社、20年の健食世界市場2250億ドルに

米調査会社のフロスト&サリバンは、インドネシアで健康産業市場が拡大しており、波及効果によって2020年の世界の健食市場が2250億ドルに拡大するとの推計を示した。


調査によると、インドネシアの国民総生産(GDP)における医療費の割合が上昇しており、20・・・
(続きは本紙で。) 購読案内へ

関連記事

  1. 厚労省、アレルギー表示義務品目にエビ・カニ追加を決定
  2. 香港でコスモプロフアジア
  3. アスク薬品、「オリーブ葉エキスで高血圧改善」
  4. 本社調査、4割強が「健食業界、勝ち負けの二極化進む」と回答
  5. 経産省、エステ業者3社に業務停止命令 強引にサプリ等販売
  6. 公取委、健康志向タマゴに監視の目
  7. 厚労省 スギ花粉健食問題 注意喚起表示を指導 「減感作療法」目的…
  8. ファイン、秋の新商品を一挙3品上市
PAGE TOP